So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-10-18 良い風が吹いてきた。 [雑感]

電気屋さんに行く時間もなく放っていたが
時間をおいてもう一度電源を入れてみたら通電した。

今のうちにメモリィにもろもろのデェタを保存しておこう。

さてこの間最大のできごとはなんといっても新潟知事選。
野党共闘の力が象徴的に発揮された。

原発があの地域の特殊な争点だったといって
国政に関係ない等という筋があるが
原発にしろ、沖縄の基地問題にしろ
国の経済や防衛問題。
だからこそ、政府閣僚が総動員で対応したんでしょうに。
最も現地は迷惑だと断ったらしいけど。

終盤に森陣営が出した法定びらの
「新潟県庁に赤旗が立つ」という赤攻撃は逆効果だった。
なんたって
新潟県の旗はもともと『真赤』なんだったから
このビラは東京で作られたと県民の笑いものになった。

民進党はなかなか自主投票のわくから飛び出せなかったのが
最終盤には蓮舫氏も応援に立った。
演説内容で原発をしっかり訴えているとはいえなかったが
色々な圧力の中でできた最大の支援だったかと思う。
だから現地の人はありがとうと声を上げている。

選挙結果を伝えるニュゥスは
「共産、社民、自由などの支援」といって民進党の名はない。
それを聞いた民進党は党としてどう考えるのだろうか。
民進党の公認を受けられず米山さんは民進党を離党した。
この経過の中で思うのは
県民市民、国民の要求をまともに実現しようとするなら
新潟で見せた曖昧さを捨てて
最初から野党共闘の立場を貫くべきだということ。

新潟はそこでの特殊な事情があるので
野党共闘がその主要因ではないと
政府のような言い方をする。

ならば
集団的自衛権行使容認をした9条違反の政府のもとで
いまや自衛隊員の命が南スゥダンで奪われようとしている、
あるいは自衛隊員が人殺しにさせられようとしている。
日本という国における特殊な事情にこそ
野党共闘しないでいいのか。
その齟齬を埋めるために憲法と言えないような改定案を
憲法審査会でたたき台にしようとしている自民党に
野党はバラバラで対応していていいのか。

実際には代表、幹事長、レベルでの
(できる限りの共闘)を確認している。
今の国会内では弱小野党が束になってかかっても
今の自公プラス補完勢力に、国会議員数では勝てない。
その中では単純なプラス計算では判断できない
野党共闘にしか市民国民の要求実現の道はないではないか。

私達は新潟の例を見るまでもなく
参議院選挙で発揮された共闘の力をはっきり感じている。
自民党の側からも新潟の結果を受けて
「共闘は強まっている」と分析する人がいる。

政党などの主体的な取り組みのこともあるが
それを取り巻く人々の変化の中にそう感じるのはごく自然だ。

つまり
無党派の棄権組の人たちが選挙に足を運んだため
10%も選挙投票率は上がった。
野党共闘による政治の変化への期待がこの数字に表れている。
これまで諦めていた人たちが参議院選挙以上に
野党共闘への期待を膨らませた。
有権者の変化、私はそこにおおきな希望を持つ。

保守の牙城だった新潟から
日本の変革への希望をもらえて
新潟県民にありがとう!と言いたい。

良い風が吹いてきた。
良い風にゃ.jpg








nice!(22)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-10-18 良い風が吹いてきた。 [雑感]

電気屋さんに行く時間もなく放っていたが
時間をおいてもう一度電源を入れてみたら通電した。

今のうちにメモリィにもろもろのデェタを保存しておこう。

さてこの間最大のできごとはなんといっても新潟知事選。
野党共闘の力が象徴的に発揮された。

原発があの地域の特殊な争点だったといって
国政に関係ない等という筋があるが
原発にしろ、沖縄の基地問題にしろ
国の経済や防衛問題。
だからこそ、政府閣僚が総動員で対応したんでしょうに。
最も現地は迷惑だと断ったらしいけど。

終盤に森陣営が出した法定びらの
「新潟県庁に赤旗が立つ」という赤攻撃は逆効果だった。
なんたって
新潟県の旗はもともと『真赤』なんだったから
このビラは東京で作られたと県民の笑いものになった。

民進党はなかなか自主投票のわくから飛び出せなかったのが
最終盤には蓮舫氏も応援に立った。
演説内容で原発をしっかり訴えているとはいえなかったが
色々な圧力の中でできた最大の支援だったかと思う。
だから現地の人はありがとうと声を上げている。

選挙結果を伝えるニュゥスは
「共産、社民、自由などの支援」といって民進党の名はない。
それを聞いた民進党は党としてどう考えるのだろうか。
民進党の公認を受けられず米山さんは民進党を離党した。
この経過の中で思うのは
県民市民、国民の要求をまともに実現しようとするなら
新潟で見せた曖昧さを捨てて
最初から野党共闘の立場を貫くべきだということ。

新潟はそこでの特殊な事情があるので
野党共闘がその主要因ではないと
政府のような言い方をする。

ならば
集団的自衛権行使容認をした9条違反の政府のもとで
いまや自衛隊員の命が南スゥダンで奪われようとしている、
あるいは自衛隊員が人殺しにさせられようとしている。
日本という国における特殊な事情にこそ
野党共闘しないでいいのか。
その齟齬を埋めるために憲法と言えないような改定案を
憲法審査会でたたき台にしようとしている自民党に
野党はバラバラで対応していていいのか。

実際には代表、幹事長、レベルでの
(できる限りの共闘)を確認している。
今の国会内では弱小野党が束になってかかっても
自公プラス補完勢力に、国会議員数では勝てない。
その中では単純なプラス計算では判断できない
野党共闘にしか市民国民の要求実現の道はないではないか。

私達は新潟の例を見るまでもなく
参議院選挙で発揮された共闘の力をはっきり感じている。
自民党の側からも新潟の結果を受けて
「共闘は強まっている」と分析する人がいる。

政党などの主体的な取り組みのこともあるが
それを取り巻く人々の変化の中にそう感じるのはごく自然だ。

つまり
無党派の棄権組の人たちが選挙に足を運んだため
10%も選挙投票率は上がった。
野党共闘による政治の変化への期待がこの数字に表れている。
これまで諦めていた人たちが参議院選挙以上に
野党共闘への期待を膨らませた。
有権者の変化、私はそこにおおきな希望を持つ。

保守の牙城だった新潟から
日本の変革への希望をもらえて
新潟県民にありがとう!と言いたい。

良い風が吹いてきた。
良い風にゃ.jpg








nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康