So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-10-08 電通社員の自殺。もう一日、明日まで生きてみようよ [雑感]

hatenablog.shinさんの記事 電通社員を自殺にまで追い込んだ真の要因は、「過労」それ自体ではない
をツイッタから見つけた。
若手社員が追い詰められて自分で命を絶つということが
ある意味「普通」である日本社会、端的に言って異常!
と。
そのとおりだ。

まして
「100時間程度の残業で過労死するなど情けない」
などと堂々とNewsPicksで発言するような
武蔵野大学グローバルビジネス学科教授、
長谷川秀夫氏は論外。

甘えっていうか?!
この人が今のツレを見たら
いつぞやの長谷川アナ(あ、こっちも長谷川か)氏のように
殺せっていうんじゃないか。

それにしても
被害者をたたくなんて
何てつらい世の中なんだろう。
何でもかんでも政治のせいにするのは
気が引けるけれど、
政治のせいだと思えて仕方がない。

格差拡大を当然視する弱肉強食。
新自由主義を掲げ
あの自民党をぶっ壊すといった
小泉政権の時から
社会に役に立たない奴は消えろというような
ぎすぎす感が強くなった。

安倍首相があの時代から自民党の中枢に座り
今の下地を積み上げていた。
10年ちょっと前のことだ。
誰がこんなにひどい
立憲主義をぶっ壊す政治になることを予想しただろう。
憲法を壊す政治は国民の基本的人権を壊す。
そう言って間違いない。
逆もまた真なり。
両長谷川氏ともに憲法の精神から全く外れている。

ばてたにゃ.jpg
ばてたら死ぬ前に休もう。
死んだら明日はない。
もっと面白いこと見つけてから死んでも遅くない。
もう一日、明日まで生きてみよう。



nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康