So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-10-22 [雑感]

わたしの『やめて』


くにと くにの けんかを せんそうと いいます

せんそうは 「ぼくが ころされないように さきに ころすんだ」
という だれかの いいわけで はじまります
せんそうは ひとごろしの どうぐを うる おみせを もうけさせます
せんそうは はじまると だれにも とめられません

せんそうは はじめるのは かんたんだけど おわるのは むずかしい
せんそうは へいたいさんも おとしよりも こどもも くるしめます
せんそうは てや あしを ちぎり こころも ひきさきます

わたしの こころは わたしのもの
だれかに あやつられたくない
わたしの いのちは わたしのもの
だれかの どうぐに なりたくない

うみが ひろいのは ひとをころす きちを つくるためじゃない
そらが たかいのは ひとをころす ひこうきが とぶためじゃない

げんこつで ひとを きずつけて えらそうに いばっているよりも
こころを はたらかせて きずつけられた ひとを はげましたい

がっこうで まなぶのは ひとごろしの どうぐを つくるためじゃない
がっこうで まなぶのは おかねもうけの ためじゃない
がっこうで まなぶのは だれかの いいなりに なるためじゃない

じぶんや みんなの いのちを だいじにして
いつも すきなことを かんがえたり おはなししたり したい
でも せんそうは それを じゃまするんだ

だから
せんそうを はじめようとする ひとたちに
わたしは おおきなこえで 「やめて」 というんだ

じゆうと へいわの ための きょうだい ゆうしの かい

南スゥダンで自衛隊が対峙するのは
国連軍を狙う南スウダン政府軍かもしれない。
国を相手に戦闘行為をする
明らかに戦争じゃありませんか。
しかも相手は少年兵かもしれない。
相手から殺されるだけでなく、相手を殺すことになるのです。

絶対に南スウダン自衛隊員にこれまでやってきた以上の
新しい任務を与えてはいけない。
自衛隊は今すぐ撤退を!
nice!(14)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-10-22 猫のお見合い1匹成功 [雑感]

今日は朝から緊張。
午前は
めずらしく地元の敬老会での芸能ボランティア。
見知った顔がいてやりにくい。
初めて公開する三線伴奏何とかやりきったけど、
間奏の間合いがうまくいかず
気持ちよく歌ってもらうにはなかなかハァドル高かった。
先日予行演習のつもりでやった
いつものデイサァビスでの演奏のほうが
歌ってくれなかった分
こちらの思うように弾けて楽だった。
(それじゃ伴奏にならない(笑))

午後は
にんにくの植え残しを片付けてから
野良猫保護しているご近所のおばぁさんから頼まれていた
にゃんこのお見合いの介添え仲介役。
新聞記事で見た人がちょっと遠くからやってくる。
その時間ににゃんこがいないと
無駄足になってお見合いにならないので
にゃんこをちゃんと確保しておかねばならない。
しかしご近所のおばぁさんは
貰ってくれる人がいないかと言いながら
実はそれほど熱心に貰い手を探してはないことが
この連絡をした時わかった。
「たぶんいる」という
夕方のネコの食事時間に
にゃんこを確保してくれているかどうか
心配で朝から落ち着かなかった。
約束より30分も早く希望者が池田に到着。
電話が来たので慌てて待ち合わせ場所に向かった。

顔を見て、え?
堪能な日本語を話していたのだが
お父さん外人、当人ハァフの娘さん。
でもネコ好き同士、すぐ打ち解けた。
話もそこそこにおばぁさんちへ。

時間はちょっと早いが猫よいてくれ。
祈りながら玄関を見る。

いたぁ。4匹とも。

かの娘さんは4匹見るなり、
「可愛い!どれもかわいい!」

おおこれはほんとに猫好きだ。
ふつうはアレが一番かわいいとか言いそうなところだから。
結果、
しばらくしたら平気で抱かれるようになった
一番なつっこい「黑」に決まった。
noraくく.JPG
「お前ほんとに男の子?おとなしいなぁ」
とか声かけながら幸せな顔をしている娘さん。

さて譲る方のおばぁさん。
「あ、そのダンボォルに入れていくなら
それごと抱っこして乗ってる間中
大丈夫だよって声かけていってくださいね。
それから家についたらすぐ抱いてやってね。
それからしばらく家から出さないで。
それからエサを食べないかもしれないけど
根気よく声かけながらやってくださいね。
それから、、、、」
思いつく限りのせわをやき、
「かわいがってもらうんだよ」
とほんとに心配そう。

「ごめんね、1匹だけしか飼えないから
さびしいと思うけど」と
娘さんは抱っこしている黑に声かける。

やれやれお見合い成立。
遠く離れた地へ行く黑を見送って一段落。
おばさんの心配そうな顔に黑の様子聴けるように
連絡先教えますか?というと
一も二もなく「あ教えてもらえる?」
やっぱりなぁ。手放したくなかったのかもしれない。

しかし、この子たちの親の話が出た時
「実はね。また4匹子猫産んじゃったのよ。
今どこにいるんだかわからないんだけど」と
おばさんの衝撃の告白。
えええ?!
1匹もらわれただけじゃ焼け石に水じゃないか。
そう言ってるうちにその親猫が現れた。
私の顔を見つめる目は野良猫だが
賢い顔をしている。

私はこれ以上この親猫に負担かけちゃいけない
避妊させなきゃと
役場で聞いた捕獲作戦
『まずダンボォルに敷物を敷いて暫くそれの中で
エサを食べさせるようにする。
慣れてきたところで先に子どもたちにエサをやって
満腹にさせ、ダンボォルに檻を入れ敷物を敷き直し
親の餌をしかける。子どもたちがエサを食べないように
こちらにひきつけておく』をおばさんに話す。

しかし、これまたどうも乗り気じゃない。

「この親は檻にそう簡単にはいらない。
子どもたちが入っちゃうわね。」と。

野良が増えると人間も嫌がるけど
猫もすみにくい環境の中で暮らすことになるんだから
これ以上増やさないようにしなくちゃ
猫も可哀そうじゃないですか。
といってもみるが面倒なんだろうなぁ。
良い返事をしてくれない。

わたしの「実家」が手にはいれば
そこで飼うことも可能なんだけど。
時に役場にはそれまでのつなぎ時間限定で
住宅で飼うことは許可してもらってはある。
しかし、全部を飼うのも無理。
なんかいい方法ないかなぁ。

生まれた子猫4匹がおばさんちに
エサを食べにやってくるのも時間の問題だ。
この子たちの避妊去勢もさせなくちゃいけない。







nice!(12)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-10-21 にんにく特産品栽培するプロジェクト [池田の畑]

池田町在住の無所属県議会議員が
大北地域の特産品の開発の一助に
にんにくの栽培を提案し、助成金を獲得した。
その話が回りまわっててるりん菜園にも来た。
栽培の手引きと
青森ブランド大蒜1k500円という格安価格で
種が渡された。
栽培手引きには
苦土石灰、農薬、消毒、有機肥料を使用せよとある。

かの荒れ地だった土手下の畑に植えるのだが
そのばあい問題は
栽培の手引き通りにはやらないてるりん栽培で
このプロジェクトに合うような大蒜になるかどうか。

口をきいてくれた人はもらったからと言って
ブタの有機肥料をつけてよこしてくれた。
ううんと唸っていると、
「いや使わないとねいいのができないから。」と
有無を言わさず押し付けられた。

仕方がないので
自家用は無肥料で、
ひょうっとしたら出荷するかもしれないのは
大きくなることを想定して有機栽培でということにした。
夕方暗くなりかけだったから
カラスがぎゃぁぎゃぁ騒いで仕事をせかされた。
なので写真は明日にでも撮ってくる。

80㎝x2mに1k分という計算だったのだが
調度1kくらい余ってしまった。
大粒から植えたので小さいものが多いが
これを無肥料で育てることにする。
どんなことになるか楽しみだ。

あ、にんにくができたら
majyoさん御得意の黒にんにく作る。
売るほどできそうだから
資金稼ぎに「実家」で売ろうかな。

そろそろお醤油もいい香りがしてきた。
大蒜の醤油漬けなんてのもいいかな。

続きを読む


nice!(11)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-10-18 良い風が吹いてきた。 [雑感]

電気屋さんに行く時間もなく放っていたが
時間をおいてもう一度電源を入れてみたら通電した。

今のうちにメモリィにもろもろのデェタを保存しておこう。

さてこの間最大のできごとはなんといっても新潟知事選。
野党共闘の力が象徴的に発揮された。

原発があの地域の特殊な争点だったといって
国政に関係ない等という筋があるが
原発にしろ、沖縄の基地問題にしろ
国の経済や防衛問題。
だからこそ、政府閣僚が総動員で対応したんでしょうに。
最も現地は迷惑だと断ったらしいけど。

終盤に森陣営が出した法定びらの
「新潟県庁に赤旗が立つ」という赤攻撃は逆効果だった。
なんたって
新潟県の旗はもともと『真赤』なんだったから
このビラは東京で作られたと県民の笑いものになった。

民進党はなかなか自主投票のわくから飛び出せなかったのが
最終盤には蓮舫氏も応援に立った。
演説内容で原発をしっかり訴えているとはいえなかったが
色々な圧力の中でできた最大の支援だったかと思う。
だから現地の人はありがとうと声を上げている。

選挙結果を伝えるニュゥスは
「共産、社民、自由などの支援」といって民進党の名はない。
それを聞いた民進党は党としてどう考えるのだろうか。
民進党の公認を受けられず米山さんは民進党を離党した。
この経過の中で思うのは
県民市民、国民の要求をまともに実現しようとするなら
新潟で見せた曖昧さを捨てて
最初から野党共闘の立場を貫くべきだということ。

新潟はそこでの特殊な事情があるので
野党共闘がその主要因ではないと
政府のような言い方をする。

ならば
集団的自衛権行使容認をした9条違反の政府のもとで
いまや自衛隊員の命が南スゥダンで奪われようとしている、
あるいは自衛隊員が人殺しにさせられようとしている。
日本という国における特殊な事情にこそ
野党共闘しないでいいのか。
その齟齬を埋めるために憲法と言えないような改定案を
憲法審査会でたたき台にしようとしている自民党に
野党はバラバラで対応していていいのか。

実際には代表、幹事長、レベルでの
(できる限りの共闘)を確認している。
今の国会内では弱小野党が束になってかかっても
今の自公プラス補完勢力に、国会議員数では勝てない。
その中では単純なプラス計算では判断できない
野党共闘にしか市民国民の要求実現の道はないではないか。

私達は新潟の例を見るまでもなく
参議院選挙で発揮された共闘の力をはっきり感じている。
自民党の側からも新潟の結果を受けて
「共闘は強まっている」と分析する人がいる。

政党などの主体的な取り組みのこともあるが
それを取り巻く人々の変化の中にそう感じるのはごく自然だ。

つまり
無党派の棄権組の人たちが選挙に足を運んだため
10%も選挙投票率は上がった。
野党共闘による政治の変化への期待がこの数字に表れている。
これまで諦めていた人たちが参議院選挙以上に
野党共闘への期待を膨らませた。
有権者の変化、私はそこにおおきな希望を持つ。

保守の牙城だった新潟から
日本の変革への希望をもらえて
新潟県民にありがとう!と言いたい。

良い風が吹いてきた。
良い風にゃ.jpg








nice!(22)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-10-18 良い風が吹いてきた。 [雑感]

電気屋さんに行く時間もなく放っていたが
時間をおいてもう一度電源を入れてみたら通電した。

今のうちにメモリィにもろもろのデェタを保存しておこう。

さてこの間最大のできごとはなんといっても新潟知事選。
野党共闘の力が象徴的に発揮された。

原発があの地域の特殊な争点だったといって
国政に関係ない等という筋があるが
原発にしろ、沖縄の基地問題にしろ
国の経済や防衛問題。
だからこそ、政府閣僚が総動員で対応したんでしょうに。
最も現地は迷惑だと断ったらしいけど。

終盤に森陣営が出した法定びらの
「新潟県庁に赤旗が立つ」という赤攻撃は逆効果だった。
なんたって
新潟県の旗はもともと『真赤』なんだったから
このビラは東京で作られたと県民の笑いものになった。

民進党はなかなか自主投票のわくから飛び出せなかったのが
最終盤には蓮舫氏も応援に立った。
演説内容で原発をしっかり訴えているとはいえなかったが
色々な圧力の中でできた最大の支援だったかと思う。
だから現地の人はありがとうと声を上げている。

選挙結果を伝えるニュゥスは
「共産、社民、自由などの支援」といって民進党の名はない。
それを聞いた民進党は党としてどう考えるのだろうか。
民進党の公認を受けられず米山さんは民進党を離党した。
この経過の中で思うのは
県民市民、国民の要求をまともに実現しようとするなら
新潟で見せた曖昧さを捨てて
最初から野党共闘の立場を貫くべきだということ。

新潟はそこでの特殊な事情があるので
野党共闘がその主要因ではないと
政府のような言い方をする。

ならば
集団的自衛権行使容認をした9条違反の政府のもとで
いまや自衛隊員の命が南スゥダンで奪われようとしている、
あるいは自衛隊員が人殺しにさせられようとしている。
日本という国における特殊な事情にこそ
野党共闘しないでいいのか。
その齟齬を埋めるために憲法と言えないような改定案を
憲法審査会でたたき台にしようとしている自民党に
野党はバラバラで対応していていいのか。

実際には代表、幹事長、レベルでの
(できる限りの共闘)を確認している。
今の国会内では弱小野党が束になってかかっても
自公プラス補完勢力に、国会議員数では勝てない。
その中では単純なプラス計算では判断できない
野党共闘にしか市民国民の要求実現の道はないではないか。

私達は新潟の例を見るまでもなく
参議院選挙で発揮された共闘の力をはっきり感じている。
自民党の側からも新潟の結果を受けて
「共闘は強まっている」と分析する人がいる。

政党などの主体的な取り組みのこともあるが
それを取り巻く人々の変化の中にそう感じるのはごく自然だ。

つまり
無党派の棄権組の人たちが選挙に足を運んだため
10%も選挙投票率は上がった。
野党共闘による政治の変化への期待がこの数字に表れている。
これまで諦めていた人たちが参議院選挙以上に
野党共闘への期待を膨らませた。
有権者の変化、私はそこにおおきな希望を持つ。

保守の牙城だった新潟から
日本の変革への希望をもらえて
新潟県民にありがとう!と言いたい。

良い風が吹いてきた。
良い風にゃ.jpg








nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康