So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-09-16 土手下の畑で [雑感]

中学校西の畑>
カナブンどころじゃなかった。
これ さつまいも。
P1020933.JPG

うらがえすとこんな残念なことに
P1020934.JPG

去年もしっかりネズミにかじられたのを思い出した。
近くのものはやられていると考えて、
育ちが悪そうな葉ぶりだったが掘ってみたら
案の定、小さいのにやはりかじられている。

去年は2丁目のサツマイモが結構大きくできたので
鼠にかじられた中学校西の畑の方は
品種は違っていたものの、まぁいいかと諦めたのだが。
今回は2丁目は畑を返してしまったのでこちらにしか物がない。
ここでとれなきゃ食べられない。
というわけで
鼠に食べられる前に人間様の口に入れなくちゃと
もう大きさにかかわりなく半分掘り上げた。

しかし小さいなぁ。
ふつうは1日くらいは干してからなのだが
待ちきれず味見。
小さいけど甘かった。
今年は日照り続きだったせいか。

それにしてもこれは元が取れそうにない。

こちら先日掘った里芋。これはまぁ元を取ったかな。
satoimo.jpg

土手下の畑>
芽が出る前水分が欠かせないというハァブ類
幸い雨続きだったので出たかな、、、って
これかみつれの芽かしらん。
かみつれ.JPG

一斉に蒔いたその他の野菜。
大根は結局色が変わってしっかりしそう。
大根.JPG

これは春菊、、だよなぁ。
春菊.jpg

野沢菜
野沢菜.JPG

ほうれん草
ほうれん草.jpg
大根以外は今回全て買った種。
だから一応発芽はいいのだ。

ところで土手下の畑で写真を撮って手入れしていると、
散歩のご夫婦から声をかけられた。

女性のほうが
「病院入院中で外出許可が出て運動に歩いている。
よくやりますね、一人でこれだけ耕したんですか」と
私に年齢を聞く。

67歳というと
「えええ?とのけぞりながら
首を大きく振って私まねできない」と
目を丸くされた。

少し鼻の先がぴくぴくしたような気分だ。

いや、この辺でこの年なんてひよっこで
お隣のおばぁちゃんなんかもうじき90になろうっていう人が
畑に毎日出かけてきちゃ鍬ふるってるし。
そんなに驚かれたら恥ずかしい。
というと

「いやいやそれでもこちらが恥ずかしい。」と。

夫さんもにこやかにうなづきながら
「ガン張りますねぇ。でもこんなに作ったら食べきれないでしょう」
というので
いや余ればこれからやろうとしている
高齢者の居場所の「実家」の食事作りに
使おうと思ってますからと
ツレの話やら「実家」の宣伝をしたが
町外の人だった。

「いいことしますね。ここ散歩できますからまたね」と
言って土手を仲良く登っていく夫妻を見送りながら
今度はちょっと鼻の奥がムズムズした。

nice!(16)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康