So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-08-18 勝つためには諦めない [雑感]

<核先制不使用>
核をなくそうという人ならこんなのは当たり前。

しかるに
世界でただ一つの被爆国日本の首相が
アメリカにいや先制不使用では抑止力にならないと
電話をしたと。
6,9日広島長崎で核のない世界をと
言ったのはただの口先のサービスだったのか。

そんな人を首相にしている日本、
嫌いになってしまうぞ。
いや日本という国が
ドンドン歯車を狂わせて行くようで
恐ろしいのだ。

良いのか?いいわけない。
このままでいいわけない。

SEALDsは解散したけれど
民主主義は終わらない。

かれらがまいた種は
もっと広くさらに大きな花を咲かせるために
いま地中にもぐっている。

毎金曜の首相官邸前は5年を超えた。
一人で440日を超えるスタンディングを続ける人がいる。
3と19日相変わらず全国の街頭で
アベ政治許さないと声を上げている人たちがいる。

辺野古のおばあが掲げたプラカには
「勝つためにはあきらめないこと」と書かれて
沖縄も長いあきらめない闘いが続いている。

私も続こう。
21日は第3日曜日スタンディングやります。

「自衛隊は南スゥダンからすぐに撤退を」
「誰の子どもも殺させない」
あたらしくプラカを書きなおした。

自分をしゃんとさせるには
こういう支えがないと。
semainya.png

続きを読む


2016-08-16 国策は止まらない? [雑感]

NHKスペシャル 村人は満州へ送られた  ~“国策”71年目の真実~
走り出したら止まらない国策。

満蒙開拓団に日本で最もたくさんの村人を送りだした長野県。

旧河野村の27戸95人を取材したドキュメンタリに言葉も出ない。


国の政策に載って満蒙に村人送り出した村長。
開拓民の男たちの現地徴兵で
終戦時には女子どもたちだけが取り残されてしまった。
その人達の自決を知って
苦悩した村長は終戦後1年で自殺。


それに引き替え
残留孤児が大きく取り上げられた昭和50年ころ
ひそかに行われていた当時の官僚たちの総括会議。
「失敗だった。しかし農民にとってはよかった」
などという言葉が交わされていて唖然とする。
結局、国の政策が進めるといったら
状況が変わろうとも止まらないのは
こういう無責任な人達の考え方によるものか。

いま、自衛隊員は南スゥダンで
PKOの原則をおおきく逸脱しているのに
相変わらず、いやむしろ積極的に
派遣され続ける。

南スゥダンに必要なのは
自衛隊員の駆けつけ警護ではない。


sudan_01.jpg

高江も辺野古も
take.jpghenoko.jpg

やん場ダムもリニアも
yanba.jpgrinia.jpg

川内、伊方原発再稼動も、
sedaisaikadou.jpgikata.jpg
住民の声を全く無視して進めている。

これに飲み込まれることなく
あの当時でさえ、
国策に抵抗した村長もいたことを考える。

今国民はあの当時よりも民主主義を身に着け行動している。


やるべきことは
どんなに国が国策だと声を大きくしようと
ダメなものはだめと国民ひとりひとりの声を消さないこと。
これが戦前より一段と要求されている。




2016-08-14 おひとりさま花火 [ツレ]

お盆。
しかし我が家はその雰囲気がまるでなくなってしまった。

母が存命のころは実家に帰ってお墓参り。
亡くなった後は義理の姉のところに
お見舞いがてら義兄のお墓参りしたり。

今年はなぜかそんなこともすっかり忘れてしまって
今これを書きながら明日にでも
義姉のお見舞いに行ってこなくちゃと思い出している。


13日は高瀬川の花火大会。
今年はツレと行けるかと思っていたがまったく空振り。
結局一人で出かけて写真を撮り
帰ってきてツレに見せることにした。

行ってくるよというと、

「気を付けて」と声が返ってきた。

花火から帰って戸を開けるとお出迎え。
「どうだった?」

ン、きれいだったよ。ほらみてみ。

立ったまま座ろうとしないので
促してカメラをのぞかせた。

所定の場所と違って今年は横から見たもんだから
全体がまとめて撮れないんだよね。
ヤッパリ鑑賞する席で見ないとだめかも
と説明しながらみせる。

花火については「あ、これは柳みたいなやつ」
と言っただけで、あとは私の説明に頷くだけ。

警備のおじさんが写真撮ってる間話しかけてきて
墨田の長岡の大阪の諏訪のって
転勤族だったから有名なとこ全部見て歩いたみたいだ

って話したらその時だけ
「ほぉそりゃすごいじゃん」

どうやら私が一人で花火を見に行ったのが心配だっただけで
花火が気になったわけではなさそうだった。

やけくそのおひとりさま花火。ぼけぼけ。
P1020797.JPGP1020803.JPGP1020805.JPGP1020806.JPGP1020821.JPGP1020827.JPGP1020828.JPGP1020831.JPGP1020834.JPGP1020835.JPG
P1020836.JPGP1020839.JPGP1020841.JPGP1020848.JPGP1020850.JPGP1020851.JPGP1020859.JPGP1020861.JPGP1020866.JPGP1020867.JPG

P1020889.JPGP1020891.JPGP1020892.JPG

続きを読む


2016-08-14 便秘の顛末第一弾 [雑感]

11日目にしてトイレに行って
お尻(肛門)が痛いと言い出した。
パンツを下ろしたまま
トイレの前で立っている。

以下は一寸読みづらいことを書くので
読める人だけ読んでね。



見せてみ。といってのぞくと
肛門が開いたまま。
しっかり中で詰まっているのがわかる。

コリャかきださないとだめだわ。
そう言いながらシートを敷いて
ツレを横にさせた。

昨年使った洗い桶を取出し
トイレットペエパァを用意し、
馬油を肛門にたっぷり塗り
昨年同様耳かき状のもので
少しづつ掘り出す。

(便のかきだしはふつう
薄いゴム手をはめ行うのだが
ツレが看護師さんにしてもらった時
血がたくさん出て
そのあとも痛がっていたので
私は今の所しないでいる。)

粘膜を傷つけないように
便の真ん中だけを崩すようにやるけれど
便が硬いためにちょっと負荷をかけると

「痛い!」といって
子どものような声を上げる。
暫く手を休めてもう一度挑戦しようとしたが

アラぁ、肛門が閉まっちゃった。
痛みは?

「今はない」
と平気な声で返事が来る。

これでしばらく様子見になる。

去年のパターンだと、
何時間か置きに肛門の痛みが襲ってくるはず。
そのたびにトイレに行き
そのたびにさっきと同じことを繰り返すことになる。
肛門が開きっぱなしになる為
パンツが汚れ、しかもそれを脱いで立っているから
床も汚れる。

それをくりかえして
リハパンが必要だと思いだした。

パットは去年の残りがあるから
暫くそれをあてがってようか

お尻が痛くなってトイレにいきたくなったら
パンツ脱いだまんまで動き回らないで
そこでしばらく我慢してて。
痛みがおさまったら
しっかりおしりふいてからパンツはいて

と処置して買いに行きもどってくると、、、

あ、そうだった。
去年のパターンで処置にならなかった。
結局汚れたパットはずれ落ちパンツも汚れていた。

良いよ洗えばいいんだから
しょげてるツレに声をかけ、はき替えさせる。

その日リハパンにするまでに
朝から3枚パンツを洗った。
それでも去年より少なかった。
わたしに大体の予想がついていたし
ツレも去年より慣れて
パニックにならない?からだ。

それと去年よりは
意思疎通ができているような気がする。
進化したかもしれない。


13日の夜中に
自力で排便があった。

「こんな塊がでた」といって
ほっとしたような顔をしていた。

「パットが汚れてたで
新聞紙にくるんで捨てた」
という。

自分でしたんだね。よくできた。


去年と違って、
今の所水分だけは飲めているので
用意した野菜ジュースを
おいしそうに飲む顔は
何事もない人のようだ。

何か問題でも?
notorunya.png









またいばらの道か [雑感]

今日も暑い。
しかし、ツレは寒い。
汗をかきながら、厚手の布団をかぶって昼間から寝ている。
食欲の落ちた分
便秘がぶり返した。
今日で1週間になる。

おなかマッサァジする?
便秘の薬増やす?
浣腸する?

どれもNO!

「そんなことしても無駄」
「もうずっと出てないんだから」

?ずっとって食べてた時は出てたよ。
便秘は食べなくなってから1週間だよ。

「そんなことないずっと」

そこで私はカレンダァを持ってきてみせる。

ホラここに記録してる通り
3日か4日くらいには出てたでしょ

「そんなのおかぁさんが書いたんじゃん」

ええっ?そうだけど
これが全部うそだって言うなら
365日1回も出なかったって言ってるわけ?

「ん」

なわけあるかい!
あるわけないじゃん。
本気で言ってんの?
私が記録するときに
トイレットペェパァが使ってあるのを見て
今日出たね?って聞きながら書いたでしょ。
そうやって聞かれた覚えもないの?

ともう思い切り腹立ってきた。

しかし
食べないしスゥプも飲まないし。
ほとんど牛乳と野菜ジュゥスみたいなもん。
今のまんまじゃまた去年みたいに
浣腸、点滴って
頭悩ませなきゃいけなくなる。
何としてもそれは無しにしてほしい。
でなければ
精神的より、体力的なダメェジが大きくなって
命縮めてしまう。
頼むから元気になってくれ。
話す声が心なしか頼りなくなってきた。

またしてもいばらの道に
ibaranomitinya.png