So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-07-06 毎日が選挙づけ [雑感]

ずっと開店休業状態になってしまった。
選挙に入って
長野選挙区の杉尾さんを
野党統一候補としてどうしても当選させなければと
町民の会でフェイスブック、ツイッタァフル回転の宣伝をしていたため
自分のブログに手が回らなくなってしまった。
暫く宣伝のようなブログになってしまうのをお許しください。

今日は公明党は平和の党ではなくなったというお話
IWJ記事から

特集 2016年 参議院議員選挙 特集ページ | IWJ選挙報道プロジェクト


 創価学会員の組織票は、公明党だけではなく、今や自民党の選挙戦略に欠かせないものとなっている。「平和宗教と福祉」を謳っていたはずの公明党は、いつしか自民党の補完勢力となり、その理念とはほど遠い「解釈改憲による集団的自衛権の行使容認」、「安保法制」に諸手を挙げて賛成するまでになった。そして、今や憲法改正が目前。この参院選の結果次第で、改憲の発議がなされうる。

 公明党が「自分たちは独自に加憲を考えている」言い繕おうとも、現実的に今、問われているのは、抽象的な憲法改悪の是非ではなく、「自民党の改憲草案」という、具体的な問題の是非である。

 公明党のこれまでの歩みを見ていれば、「自民党の暴走にブレーキをかける女房役」などでは決してなく、「自民党と一緒になって暴走している」伴走者に過ぎないのは明らかだ。



 そんな公明党の「暴走」に対し、これまで公明党を支持し、言われるがままに公明党候補や自民党候補に票を投じてきた創価学会員のなかで、疑問と怒りの声が起こり始めている。 

2016年7月2日、渋谷のハチ公前広場で行われた参院選東京選挙区候補・三宅洋平氏の「選挙フェス」の一幕。ステージ上に「三色旗(※)」がはためいた。「安全保障関連法に反対する創価大学・創価女子短期大学関係者有志の会」のメンバーが壇上に上がると、集まった溢れんばかりの観衆から、「頑張れ!」という声援があがった。


スピィチ全文のしめくくりは
「自分の信仰を、自分の人生を、自分の幸せを、組織の意思だけに任せるのは終わりにしましょう」





公明党は創価学会を支持母体にしているけれど
創価学会か政教分離を建前にしている。
自分の意志で投票すればいいのだ。

710は投票に行きましょう
参議院選挙ですが
ここで3分の2を自公勢力がとったら
改憲へ突き進みます。
日本の平和主義ががらりと崩されます。
平和ブランドをそんなに
簡単に捨てていいでしょうか。
あなたの1票がこの国良くも悪くも
変えることもできる選挙です。

nato.jpg




日本の針路を大きく変える選挙です。
nice!(22)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康