So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-07-11 参議院選後の闘いはもう始まっている。 [雑感]

とりあえず参議院選挙は与党の勝利に終わった。
表面上は改憲派が3分の2以上を占めることになった。
しかしNHKの選挙出口調査で
改憲を是とする人28%否とする人38%不明34%
それでも与党を支持した。
若者の支持率50%の数字もあり
その理由は「安定」という。
株価頼みのアベノミクス経済政策で
暮らしの安定を壊しているのは自公政権の政策。

若い人たちにはまだその実際が見えていないのかもしれない。
選挙が近づくと野党の政策をパクって
おなじような政策を唱え目くらましをしていたのだから。

今も
アベノミクスで「力強く」経済政策を進めるとしか
言わない、中身を言えない、安倍しゃん。
早速
自民党は改憲草案を示していると
選挙中言葉にしてもいなかった「改憲草案」を
口にしている。

NHKは大々的に改憲派が3分の2を占めたと
吹聴している。

現憲法の骨は
「平和主義、基本的人権、国民主権」。
自民党の狙う緊急事態法で
これをなくさせるわけにはいかない。


小沢さんは与党の勝利に対して
野党共闘について
政権の受け皿としてもっと密接な共闘を期待しているのでないか
と発言していた。

実際、民進党の中の共闘反対派が
足を引っ張っているのは間違いない。
このひとたちに今回野党共闘で当選した民進党議員が
野党共闘の希望を
どう納得させていくことができるかを私は注目している。

たくさんの市民が立ち上がった
東北甲信越の共闘の勝利に
私は希望を持つ。

次の闘いはもうすでに始まっている。
改憲をどんな方法で合法的に
国民の知らぬ間に
国民が思っていない方向に導こうとするか
目が離せない。休んでいる暇はない。

母、祖母、おみな牢にみつるとも
戦争につながる改憲、徴兵を阻む。




nice!(29)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-07-08 マスコミに眠らされるな無党派市民、若者よ [雑感]


アベラァ総統新しいバァジョン。
相変わらず、わめき散らすのは同じだけど。
実によくできた翻訳(笑)。
あと2日。
確かに手ごたえはあるのに、
マスコミの報道では
自公と改憲勢力が3分の2を占めると
ずっといってる。
おまけにここへきて都知事選に報道をシフトさせてるし。
どうしても投票率を下げたいのか。
眠っている無党派層、そのまま寝ててくれと
安倍首相の思い通りにはさせない。

選挙に行こう!
その手にあしたの国の未来がかかっている。

肉球新党プラカ
kenponya.jpgtanomunya.jpg


nice!(20)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-07-9  イラク戦争の検証と公明党の実際。。。 平和のための選挙に行こう [雑感]

今日11:59でネット上の選挙活動は終わり。
改憲を許すかどうかという選択肢を
野党は提示したが
自公はあくまでも逃げる逃げる。
しかし公約の最後にしっかり書いてある。
中味は書かずに「憲法改正」と
選挙が終わって自公が多数を得たら
これに支持を得たと大手を振って言うだろう。
一体こんな白紙委任を誰が認められようか。

国民投票でひっくり返せばいいと思っていたら
そうは簡単にはいかない。
今でさえこれだけマスコミを手中に置いて
良いように扱っているのに、
金に飽かせてありとあらゆる手段で
9条守れの声を封じ込めにかかるだろう。
すぐにはやらないかもしれない。
しかし確実にその道に歩を進める。
その時のエネルギぃは今よりさらに
多く必要とすることになる。
その時になれば命がけで力は出すけれど。

しかしそれ以前に
戦争法の入り口のところで
どうしても止めなければいけない
もっと差し迫った事態があった。

自衛隊員が殺し殺される戦闘地で
武器を使わせてはいけないのだ。

昨年から諦めないで頑張ってきた運動。
野党共闘をどうしても実らせたい。
それはこの国の閉塞的な時代にあって
大きな希望なのだから。

一人区での野党統一候補をぜひ勝たせてほしい。
アベ政治を許さない全国の皆さん、
1票を必ず行使してください。
アベ政治にレッドカァドで退場を!

#jcp川柳 ついてくる市民共闘民主主義
        雫化け ケイマン諸島で霧と消え
        対案は9条しっかり守ること
        約束がやばくなったら新基準
        

圧倒的に支持された川柳は
      道なかば下から読めば ばかな道

ここでどうしても追加しておきたいことができた。

先日のイギリスのイラク戦争参戦の検証。
日本はいまだ小泉政権時代に
自衛隊派遣に踏み切ったイラク戦争を
間違ったものと言っていない。
『自由で民主的な豊かなイラクを作る』
中東の安定という国益を守るために
…。
小泉政権の幹事長は安倍晋三氏
その時から彼は日米同盟を血の同盟と言って
集団的自衛権行使が必要と言ってきた。

更にその時の公明党は
「スプゥン1杯≪生物化学兵器での炭疽菌のこと≫で
200万人殺傷。」「戦争反対は 利敵行為」
と発言し、平和的解決を敵視した。

大量破壊兵器は存在せず、
アメリカ自身が情報の誤りを認め、
大義なき戦争だったのはあきらか。
しかし自公政権はいまだ誤りを認めず
検証もしない。

以下当時の公明党の発言に触れた
ブログ雑木帖─ メディアウオッチ他 ─2007-02-28
に詳しい。


4年前の米英のイラク戦争開戦当時の 冬柴鐵三公明党議員(当時は公明党の幹事長)などの発言などをチェックしてみよう。

 開戦1ヵ月前の2月16日、NHK『日曜討論』では「戦争反対は利敵行為」発言を冬柴氏はしている。


冬柴「アメリカの圧力があるから(イラクは査察に)応じている」「その圧力を抜くような、利敵行為のような、サダム・フセインに利益を与えるような、戦争反対とか、それはむしろ解決を先延ばしする」
 同16日のテレビ朝日『サンデープロジェクト』では、武力行使に反対し査察継続を求める各国に対し、

冬柴「査察継続はいいんだが、それはサダム・フセインの喜ぶところ」
田原「フランス、ドイツ、ロシア、中国は間違っているのか」

冬柴「間違っていますよ」
 という発言。

自民党と連立組んで以来、
公明党は平和の党からはどんどん遠ざかってきた。
今度自公改憲勢力が多数をとった時
果たしてこんな政権にしがみつくような公明党に
「国民主権、平和主義、基本的人権をなくさなければ 自主的な憲法を作ったとは言えない」と
平気で言った日本会議派の自民党議員たちを
公明党は止められるか。

3要件があるというその歯止めは
イラク戦争で今でさえ誤りを認めない
時の政権任せの公明党がとった態度を
繰り返さないとどうして言えるのだろうか。

改憲が必要と考えている人は
対案というが
それでは自民党の案を読んでみましたかと聞きたい。

その案を読んで拍手喝さいをする人は
憲法を取り違えており、
時代錯誤の
国民が権力を制御するのでなく
権力が国民を縛り付ける
明治時代の絶対的天皇制に\(^o^)/叫べる人
いわゆる権力側の人間しかいない。

「憲法改正」いいんじゃない?と思ってる人に

知ってほしい七つのことシリィズ
1.自民党の改憲草案は立憲主義的な意味で「憲法」ではないのです。
2.国家のために国民の権利を制限し一方的に義務を課すためのものではありません。
3.「憲法に保障された基本的人権」が「法律によって課せられた義務」に優先するというのが、立憲主義の基本的な考え方です。
4.自民党の改憲草案を見ると、表現の自由などにわざわざ制限規定が入れられ、
5.つまり、自民党改憲草案は「憲法」ではないのです。
6.「憲法を破壊し憲法でないものにするか、立憲民主主義の国で居続けるかどうか」です。
7.立憲民主主義自体を否定するような「憲法の破壊の議論」は、そもそもし始めること自体が間違っています。

しつこくいいたい。
改憲勢力に3分の2をとらせてはならない。
日本の平和主義を投げ捨ててはいけない。


      
選挙に行こう
senkyo-mob.jpg



nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

安定を求める近くの保守の方に是非読んでほしい記事 [雑感]

日刊IWJガイド 城石エマ氏記事

私が今もっとも憤るのは、
ちっとも参院選の争点が改憲であることを国民に知らせなかったのに、
ここへ来て急に各紙が「改憲勢力3分の2をうかがう」と報じ始めたこと。

 「改憲」が争点だということを報じないでおきながら、
「選挙結果は改憲の流れになりそうだ」とマスコミが報じれば、
国民の間に十分な議論を盛り上げることなく、
改憲への諦めムードを醸成するだけではないですか?

半分頷き
いやしかし本来改憲が争点だったのがあぶり出されてきたと。
こうなったらこちらが馬力をかけて
会見させるな3分の2とらせるなという声をかけまくるしかない。


「最近の自民党もずいぶんむちゃくちゃやっているけど
、民進党もどうも信用できないし一枚岩じゃないっぽいし、
共産党ってこわーい。

イギリスのEU離脱とか、国際情勢も不安定だし、
こういう時はやっぱりなんだかんだ安定を求めたいし、
与党に入れとこうかしら」っていう
安定を求める近くの保守の方には
以下の記事をぜひお話ししてください。

 
:水上貴央/弁護士文

安定っていうひとって、結構多いんじゃないかと思います。
普通の感覚だと思います。
 
そう思ってる人に、今回、7つのことをお伝えしたいと思います。
  

1
安定を求めるなら、その選択肢は間違いです。
今回政権与党に勝たせたら、
憲法を憲法じゃないものに変えられる、
という激変中の激変が生じる可能性が、
無視できない大きな可能性として存在します。
 


今回、あなたが野党に入れて、野党が勝っても、
政権交代は起きません。
そもそも衆議院選挙じゃないですから、
政権選択の選挙ではありません。
当然、経済政策等が劇的に変わることはありません。
むしろ、たいした変化は起きないのです。
 


民進党が信用できなくても、共産党が怖くても
(私は実際どうなのかは知りませんが)、
そんなことははっきり言ってどうでもいいのです。
彼らが今回ちょっと勝ったって、
どうせ与党になるわけではないのですから。

いま重要なことは、
現在の政権与党を今回勝たせたら

日本が立憲民主主義の国でなくなるかもしれないということです。
 


わかりやすくデフォルメして言えば、
あなたが共産党に投票しても 日本が共産主義の国になる可能性はゼロですが
あなたが自民党その他の改憲勢力と言われる人たちに投票すると、 日本が立憲民主主義の国でなくなる可能性が、 現実的危険として生じます。
  

5
今回野党が勝つとどうなるか
その場合の変化は、むしろ自民党の中に生じます。
自民党の中で、本当はあんな改憲草案は憲法じゃないよね
と思っている人たち。
日本は、分厚い中間層をしっかりと回復させながら
内需主導の経済を確立し、自由で民主的な国として
しっかり国際社会の信頼を確保していかないとね、
と思っている人たちが、ついに意見を言い始めます。
 

6
あなたが信頼し、
国際情勢が不安定な時には
安定感を求めて応援したいと思う自民党って、
むしろ、そっちの人たちじゃないですか?
あなたが今の自民党に投票することって、
そういう懐の深い保守政党だった
自民党の息の根を止めることになりませんか?
 

7
ちまたで、今回ばかりは野党に、
という声が出始めているのは、つまりそういうことです。
今回ばかりは「新しい判断」が必要です。
 

もちろん、投票行動は、それぞれの判断です。
ただ、少なくとも、選挙には行きましょう!絶対に行きましょう!
huramo.jpg


nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-07-06 毎日が選挙づけ [雑感]

ずっと開店休業状態になってしまった。
選挙に入って
長野選挙区の杉尾さんを
野党統一候補としてどうしても当選させなければと
町民の会でフェイスブック、ツイッタァフル回転の宣伝をしていたため
自分のブログに手が回らなくなってしまった。
暫く宣伝のようなブログになってしまうのをお許しください。

今日は公明党は平和の党ではなくなったというお話
IWJ記事から

特集 2016年 参議院議員選挙 特集ページ | IWJ選挙報道プロジェクト


 創価学会員の組織票は、公明党だけではなく、今や自民党の選挙戦略に欠かせないものとなっている。「平和宗教と福祉」を謳っていたはずの公明党は、いつしか自民党の補完勢力となり、その理念とはほど遠い「解釈改憲による集団的自衛権の行使容認」、「安保法制」に諸手を挙げて賛成するまでになった。そして、今や憲法改正が目前。この参院選の結果次第で、改憲の発議がなされうる。

 公明党が「自分たちは独自に加憲を考えている」言い繕おうとも、現実的に今、問われているのは、抽象的な憲法改悪の是非ではなく、「自民党の改憲草案」という、具体的な問題の是非である。

 公明党のこれまでの歩みを見ていれば、「自民党の暴走にブレーキをかける女房役」などでは決してなく、「自民党と一緒になって暴走している」伴走者に過ぎないのは明らかだ。



 そんな公明党の「暴走」に対し、これまで公明党を支持し、言われるがままに公明党候補や自民党候補に票を投じてきた創価学会員のなかで、疑問と怒りの声が起こり始めている。 

2016年7月2日、渋谷のハチ公前広場で行われた参院選東京選挙区候補・三宅洋平氏の「選挙フェス」の一幕。ステージ上に「三色旗(※)」がはためいた。「安全保障関連法に反対する創価大学・創価女子短期大学関係者有志の会」のメンバーが壇上に上がると、集まった溢れんばかりの観衆から、「頑張れ!」という声援があがった。


スピィチ全文のしめくくりは
「自分の信仰を、自分の人生を、自分の幸せを、組織の意思だけに任せるのは終わりにしましょう」





公明党は創価学会を支持母体にしているけれど
創価学会か政教分離を建前にしている。
自分の意志で投票すればいいのだ。

710は投票に行きましょう
参議院選挙ですが
ここで3分の2を自公勢力がとったら
改憲へ突き進みます。
日本の平和主義ががらりと崩されます。
平和ブランドをそんなに
簡単に捨てていいでしょうか。
あなたの1票がこの国良くも悪くも
変えることもできる選挙です。

nato.jpg




日本の針路を大きく変える選挙です。
nice!(22)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康