So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-06-16 升添氏の記録。自公の責任は? [雑感]

今日は升添氏のお話。
記録する為
IWJの原氏の記事

 舛添要一東京都知事が昨日、政治資金の公私混同問題などの責任をとって辞職願を提出しました。東京都議会は、本会議で舛添都知事の辞職に全会一致で同意し、21日付の辞職が正式決定。前日14日までは続投を強く希望していた舛添都知事ですが、都議会の全会派が共同で本会議に不信任案を提出することを決めたこと、そして自民党の強い辞任のすすめもあって辞職を決断したようです。

 公職選挙法では、都知事が議長に辞意を伝えると、議長は5日以内に東京都選挙管理委員会に伝達し、都選管はその後50日以内に選挙を実施すると規定されており、早ければ7月31日にも投開票日が設定されるとみられています。

 予想はしていましたが、参院選直後に行われることに決まった都知事選。選挙情勢に関しては後ほど詳述していきますが、舛添都知事の辞任に関して絶対に忘れてはならないのは、舛添氏のような問題のある人物を都知事に担ぎあげた自民党・公明党の政治責任です。

 自民・公明両与党は2012年末の都知事選でも、後に不透明な借入金問題で辞任することになる猪瀬直樹氏を支援し、当選させています。

 2代連続で金銭トラブルによる都知事辞任という結果になるわけですが、一回の都知事選挙にかかる費用は約50億円とされており、2012年の猪瀬氏当選の選挙、2014年の舛添氏当選の選挙、そして今回2016年の舛添都知事辞任の選挙、わずか4年弱で3回も都知事選が行われることになり、その損失は単純計算で150億円にものぼります。

 ちなみに、舛添都知事は一連の問題の責任を取るため任期中の給与を全額返上する考えを示していましたが、辞職を決定したため、給与を返上するための条例案は取り下げ。仮にこの条例が施行されたあとで舛添都知事が辞職した場合は、退職金もなくなる予定でしたが、取り下げられたことで、舛添都知事には、約2200万円の退職金が支払われる予定だということです。

 もちろん、巨額の選挙費用も知事の退職金も、都民の税金から捻出されます。この損失をどうするのか。都民への裏切り行為にどう責任をとるのか。五輪を前に国際的にも失うこととなった信用をどう取り返すのか。都政をここまで混乱させた責任は、自民・公明にこそ問われるべきです。

 IWJは舛添氏が安倍総理、山口那津男公明党代表と仲むつまじく手をつないで街宣を行なっている「証拠VTR」を短く編集して公開しています。次の都知事選を前に、こちらの動画もどうか広く拡散いただければと思います。

・2014/2/2 【都知事選ハイライト】舛添氏の責任を問うのであれば、担ぎ上げた自民・公明の政治責任も問われるべきでは!?


新標語
「応援したの私だ」
watasida.jpg

続きを読む


nice!(31)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-06-13ヤギの乳搾り [雑感]

山羊さんの乳搾りに朝から出かけた。

御幼少のころ乳搾りしたのは幻だったのか。
教えてもらった通りにやったつもりが
一向に乳が出てこない。
容器にたまるはずの乳は
3分たつのにちっともたまらない。

???どうしてなんでしょうね。

「人差指と親指をしっかりあてがったら
中指からリズムよく上から下に絞り込む。
こういうふうにね、、、」
じゃぁぁっ!
飼い主さんがお手本を見せてくれるたび
いい音を立ててユキちゃん(山羊の名前)の
お乳が容器に噴射される。

そういう風にやってるつもりなんだけど、、、

いっしょにきてもらったAさんは
リズムにはまだ難点があるけれど
結構乳が搾り出されている。


ううむ
自分だけできないショックを受けながら
再度挑戦。
出ることは出るようになった。
しかし量が少ないし
まったくリズムができない。

私の場合こんな感じだな


きょうはこれで終わり
といって飼い主のMさんが最後を搾り出す。
予定通りの1,5L の山羊乳が搾れた。
すぐ火を入れ招かれた応接間でゆったり戴く。
あまい!

搾るのは大変だけど
この充足感は捨てがたい。

またぼつぼつ伺って練習をして
雪ちゃんに嫌われないように
乳搾りできるようになる。

いずれ山羊飼いになるためにだ。

しかし先日来た時は
ただ可愛いと感じただけだが
今回、じかに触れてみて
山羊が家畜だった実家の
懐かしい昔の匂いを思い出した

これは借用画像ですがこんな感じで搾りました
yagititi.jpg



nice!(23)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-06-12 反日だって?なんじゃそりゃ [雑感]

戦争法なんていう法律は存在しません。
嘘で国民を煽動しないで下さい。
反日池田町民の皆さん…。

そんなメッセジが戦争法に反対する池田町民の会FBにとどいた。
反日、、、?なんじゃそりゃ

戦争法と呼ぶ人間は反日なのか?

abeman.jpg

その人のタイムラインを覗いてみたら
「おかぁさんおれを生んでくれてありがとう」
等と言う記事を書いている。
言葉使いは荒いが
そんなに悪い人ではないように見える。
しかし、、、

2000万街頭署名で
若い自衛官が
「日本を守るためになら命を惜しいとは思わない。
でも他国の紛争に外国まで出かけて行くのは不本意だ」
と話したという記事があった。
kyujiei.jpg
さらに
私は息子を戦争で殺させるために
産んだのではありませんと言うママの言葉も見た。

その人はこれらの言葉を言うひとにも
反日だというのだろうか。


平和安全保障法だという政府。
結局ていねいな説明と言う言葉だけに終わって
3月施行した。

中国、北朝鮮の脅威をたてに
アメリカが日本を守るために戦っているとき
助けを求めてきても手を貸さなくていいのかと言う。

日本を攻撃する前にアメリカが攻撃されることがあるのか。
万万が一日本の本土が攻撃されることがあるしたら
自衛隊が自衛手段を講じるのは当然だろう。
個別的自衛権は
アメリカの参戦がどうとかの話ではない。

これまでアメリカが先に攻撃されたのは
テロを除いて真珠湾攻撃以来ない。
つまり可能性とすれば
日本がどこかから攻撃されるより前に
アメリカが相手に攻撃を仕掛ける方がはるかに高い。
そこに日本が参戦するということになれば
それは相手から見たら日本から先制攻撃されたことになる。
当然相手は日本へ矛先を向ける。
これのどこが平和安全?
戦争を呼び込む戦争法以外の何物でもないではないか。

そんなことよりも
実際には新日米ガイドラインの指針に沿って
アメリカの肩代わりで海外に自衛隊を展開する。
アメリカの戦争に自衛隊員を差し出す。
これがこの戦争法の本質。

そして武器輸出の規制をはずし装備庁を作り
更に軍学共同と言う忌まわしいシステムを作る
大学への補助金の条件付けや
海外に売り込み歩く首相の姿に如実に表れているように
日本の産業の中心に軍事産業を据えようとしている。
特定秘密保護法で政府に都合の悪いことはすべてひた隠し
盗聴法の解禁や、マイナンバァ制度など、
国民を縛るシステムも着々と進めて、
マスコミを飴と鞭で口封じしていく。
マッタク戦前歩んだ軍国主義時代の
前兆そのものではないか。

これが戦争する国づくりと言わず何というのか。

自分で自分の首をしめる
国民が国民を監視し合う。
そんな時代に絶対していいはずがない。
してはいけないのだ。



参議院選挙は棄権しないで
投票に行くだけではなく
自らも選挙の運動に参加しようと
SEALDsは訴えている。

民主主義に観客はいない。
みんな当事者なのだと。
710VOTE3.jpg
710VOTE2.jpg








nice!(15)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-06-11「与党とその候補者を支持しない」と表明した宗教法人 [雑感]

次の文章を読んで
一体どこの団体が表明したのかすぐおわかりになるでしょうか?

「与党とその候補者を支持しない」

来る7月の参議院選挙を目前に控え、
当教団は、安倍晋三首相の政治姿勢に対して
明確な「反対」の意思を表明するために、
「与党とその候補者を支持しない」ことを6月8日、
本部の方針として決定し、
全国の会員・信徒に周知することにしました。
その理由は、

安倍政権は
民主政治の根幹をなす立憲主義を軽視し
福島第一原発事故の惨禍を省みずに原発再稼働を強行し
海外に向かっては緊張を高め、原発の技術輸出に注力するなど
私たちの信仰や信念と相容れない政策や
政治運営を行ってきたからです。

戦後の一時期、
東西冷戦下で国内が政治的に左右に分裂して
社会的混乱に陥っている時、
当教団の創始者、谷口雅春先生は、
その混乱の根源には日本国憲法があると考えられ、
大日本帝国憲法の復元改正を繰り返し主張されました。
そしてその実現のために、
当教団は生長の家政治連合(生政連)を結成(1964年)して、
全組織をあげて選挙活動に取り組んだ時代がありました。
しかし、やがて純粋な信仰にもとづく宗教運動が
政治運動に従属する弊害が現れ、
選挙制度の変更(比例代表制の導入)によって、
政党と支持団体との力関係が逆転したことを契機に、
1983年に生政連の活動を停止しました。

それ以降、当教団は組織としては政治から離れ、
宗教本来の信仰の純粋性を護るために、
教勢の拡大に力を注いできました。

この間私たちは、第二代総裁の谷口清超先生や
谷口雅宣現総裁の指導にもとづき、時間をかけて
教団の運動のあり方や歴史認識を見直し、
間違いは正すとともに、時代の変化や要請に応えながら
運動の形態と方法を変えてきました。
特に世界平和の実現など社会を改革する方法については、
明治憲法の復元は言うに及ばず、
現憲法の改正などを含め教団が政治的力を持つことで
“上から行う”のではなく国民一人一人が
“神の子”としての自覚をもちそれを実生活の中で表現し、
良心にしたがって生きること。
政治的には自己利益の追求ではなく
良心(神の御心)の命ずることを、
「意見表明」や「投票」などの民主的ルールにしたがって
“下から行う”ことを推進してきました。

私たちは、社会の変革は信徒一人一人が正しい行動を
“下から”積み上げていくことで実現可能と考え、実践しています。
その代表的なものは、地球環境問題への真剣な取り組みです。
人間の環境破壊は、今日深刻な気候変動を引き起こし、
自然災害の頻発や、食糧や資源の枯渇、
それにともなう国家間の奪い合いや国際紛争の原因となっています。
この問題は、資源・エネルギーの消費を増やす
経済発展によっては解決せず、
各個人の信念とライフスタイルの変革が必要です。
私たちはそれを実行することで、世界平和に貢献する道を選びました。

具体的には、私たちは宗教団体として
初の環境マネージメントシステムISO14001の認証取得(2001年)をして、
それを全国66の拠点に及ぼしました。
また、莫大なエネルギーを消費する大都会・東京を離れ、
国際本部の事務所を山梨県北杜市に移転し、
そこに日本初のゼロ・エネルギー・ビル
“森の中のオフィス”を建設して(2013年)、
地球温暖化の最大の原因である二酸化炭素を排出しない
業務と生活を実現しています。
最近では、この生活法を全国に拡大する一助として、
信徒からの募金により京都府城陽市に
メガソーラー発電所(1700kW)を、
福島県西白河郡西郷村に大規模ソーラー発電所(770kW)を
建設し、稼働させています。
これらの運動は、創始者・谷口雅春先生が
立教当初から唱導してきた「天地の万物に感謝せよ」
(大調和の神示)という教えの現代的展開であり、
人類だけの幸福を追求してきた現代生活への反省にもとづくものです。

ところが安倍政権は、
旧態依然たる経済発展至上主義を掲げるだけでなく、
一内閣による憲法解釈の変更で
「集団的自衛権」を行使できるとする”解釈改憲〟を強行し
国会での優勢を利用して
11本の安全保障関連法案を一気に可決しました。
同政権の古い歴史認識に鑑みて
中国や韓国などの周辺諸国との軋轢を増し
平和共存の道から遠ざかる可能性を生んでいます。
また、同政権は、民主政治が機能不全に陥った時代の
日本社会を美化するような主張を行い、
真実の報道によって政治をチェックすべき報道機関に対しては
政権に有利な方向に圧力を加える一方で
教科書の選定に深く介入するなど
国民の世論形成や青少年の思想形成に
じわじわと影響力を及ぼしつつあります。


最近、安倍政権を陰で支える右翼組織の実態を追求する
『日本会議の研究』(菅野完、扶桑社刊)という書籍が出版され、
大きな反響を呼んでいます。
同書によると、安倍政権の背後には「日本会議」という
元生長の家信者たちが深く関与する政治組織があり、
現在の閣僚の8割が日本会議国会議員懇談会に所属しているといいます。
これが真実であれば、創価学会を母体とする公明党以上に、
同会議は安倍首相の政権運営に
強大な影響を及ぼしている可能性があります。
事実、同会議の主張と目的は
、憲法改正をはじめとする安倍政権の右傾路線と
ほとんど変わらないことが、同書では浮き彫りにされています。
当教団では、元生長の家信者たちが、
冷戦後の現代でも、冷戦時代に創始者によって説かれ、
すでに歴史的役割を終わった主張に固執して、
同書にあるような隠密的活動をおこなっていることに対し
、誠に慚愧に耐えない思いを抱くものです。
先に述べたとおり、
日本会議の主張する政治路線は
生 長の家の現在の信念と方法とはまったく異質のものであり
はっきり言えば時代錯誤的です。

彼らの主張は、「宗教運動は時代の制約下にある」という事実を
頑強に認めず、古い政治論を金科玉条とした狭隘なイデオロギーに陥っています。
宗教的な観点から言えば“原理主義”と呼ぶべきものです。
私たちは、この“原理主義”が世界の宗教の中で
テロや戦争を引き起こしてきたという事実を重く捉え、
彼らの主張が現政権に強い影響を与えているとの同書の訴えを知り、
遺憾の想いと強い危惧を感じるものです。

当教団は、生政連の活動停止以来、
選挙を組織的に行うなどの政治活動を一切行ってきませんでした。
しかし、政治に触れる問題に関して何も主張してこなかったのではなく、
谷口雅宣現総裁は、ブログや月刊誌を通して
“脱原発”や“自然エネルギー立国”を訴え、
また日米の外交政策を分析して、それに異を唱えたり、
注文をつけたりしてきました。
また、
昨年は憲法を軽視する安保法案に 反対する立場を明確に表明されました。
私たちは今回、わが国の総理大臣が
本教団の元信者の誤った政治理念と時代認識に強く影響されていることを知り
彼らを説得できなかった責任を感じるとともに
日本を再び間違った道へ進ませないために
安倍政権の政治姿勢に対して明確に「反対」の意思を表明します。
この目的のため
本教団は今夏の参院選においては「与党とその候補者を支持しない」
との決定を行い、ここに会員・信徒への指針として周知を訴えるものです。
合掌。


2016年6月9日

中をお読みになった方はおわかりになった通り

宗教法人「生長の家」の表明だ。

私の記憶の中には
靖国派と言われる勢力の一翼を担い、
自民党の右派を選挙で熱心に応援する団体
というのが大きく残っている。
書かれている内容によれば
1983年と言うから随分前に政治活動をやめたらしい。

宗教団体だから当然そういう表現がされるだろう部分を除き
至極まっとうな考え方の団体に変化されているようである。
宗教はそもそも人の幸せを願って創立されることが多いのであろうから
そういう意味では教義に基づいての判断だろうと推察される。

これを読むと
創価学会のありようがやはり異常に見えてくるのは私の偏見か。

真の宗教家は戦を好まないのではないのだろうか。
ninnya.jpg

nice!(19)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-06-10軽トラパレェドアナウンス原稿案 [雑感]

軽トラパレェドのアナウンス原稿を作ってみた。
昨日のものと重なるけれど
何度でも何度でも言いたいから

こんにちは。 私たちは戦争法廃止を求める大北地区軽トラ平和パレェドの参加者です。 昨年9月に強行された平和安全保障関連法という名の 戦争法を廃止させようとパレェドをしています。
安倍自公政権は国民の6割の反対を無視して
憲法違反の方法で憲法違反の戦争できる法律を作ってしまいました。
昨年12月,
安倍首相は時間がたてば忘れるとばかり外遊に出かけ、
外国に金をばらまき武器輸出のセェルスに精を出しましたが
ついに臨時国会を開きませんでした。
丁寧に説明するという約束はいまだ果たされていません。

こんにちは。・・・・
アベ自公政権は数に物言わせ憲法を足蹴にやりたい放題してきました。
自公とその金魚のウンコ勢力に3分の2の議席を取らせたら
あとに控えているのは憲法の改悪です。
権力を縛るはずの憲法が国民を縛り
個人の自由も民主主義も押さえつける
明治憲法もどきが自民党の改憲案です。
この7月に迫った選挙で絶対に自公勢力に3分の2をとらせてはなりません。
憲法を生かし平和を守る政治にかえましょう。
yadaneko.jpg

こんにちは。・・・・
今の日本には国民の暮らしを良くする経済が必要です。
安倍首相はトリクルダウンと言って
アベノミクスの果実の甘い汁がしたたり落ちてくるといいました。
その甘い汁を吸ったのは
輸出大企業と株で大もうけした大富豪のひとたちです。
多くの中小企業は消費税に疲れ労働者の実質賃金は5年連続マイナス。
私たち庶民のくらしは
消費税の引き上げで物価が上がって家計が苦しくなっただけです。

こんにちは。・・・・
安倍自公政権も消費税10%への引き上げは
先送りを宣言しなければいけなくなりました。
2年連続個人消費のマイナスが続き
ほとんどの国民が好景気など実感できていないから当然です。
にもかかわらず安倍首相は貧富の格差拡大をもたらしただけの
アベノミクスの失敗を認めません。
伊勢志摩サミットで世界の経済の悪化だと
責任転嫁しようとして各国から拒否されました。
貧富の格差をひろげ家計を痛めつける
アベノミクスのエンジン空ぶかしはもうたくさんです。

こんにちは。・・・・
消費税上げて行われるはずの社会保障は削られるばかり。
1億総活躍の名で進める保育でも介護問題でも
その財源を確保されていないのに活躍などできません。
消費税を上げないと社会保障ができないといいますが
消費税だけが財源ですか?
タックスヘイブンという課税逃れをさせない、
大企業減税や富裕層の優遇税制などを元に戻して
力に合った負担をしてもらいませんか。
経済にも民主主義を求めましょう。

こんにちは。・・・・
参議院選挙での野党共闘が全国32のすべての一人区で実現しました。
7日には4野党が市民連合の要望を受け、
アベノミクスによる貧困格差拡大を止める
辺野古やTPP、原発再稼働などの国民の声を無視する強権政治を許さない
安倍政権下での改憲はさせないという共通の政策で合意しました。
市民が野党を動かしました。今度は国の政治を動かす番です。
siminrengoup.jpg

こんにちは。・・・・
税金は戦争法にあわせて軍事費を増やすのでなく、
暮らしに使ってもらいましょう。
平和な日本を戦争する国にさせないためにも
軍事費を国民の財布にもどしてもらいましょう。
私たち市民が政治を動かす。
私たち市民の意思が国の未来をきめます。
誰の子どもも殺させない、
戦後を戦前にさせないために
鉛筆1本で政治を変える選挙に行って
戦争法廃止させましょう。

damatte1.jpgsenkyoniikou.jpg

nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康