So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-04-18 被災地の皆さんへ [雑感]


三線を弾き始めたころ、
この曲を採譜して素人バンドで演奏した。
もう20年になるのか。
何度聞いても胸にこたえ
涙がにじんで来る。

春になった。
これからいのちが花開く時期。
被災地の方たちが少しでも元気になりますように。
tisakutemotori.png


nice!(19)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-04-18 寄付金、義援金、支援金で使い方に違いがある [雑感]

■「寄付金」とは・・被災者支援活動をする団体(主にNPOや自治体)へのお金。このお金は公共道路や湾岸の復旧支援事業のために使用されることが多い。

■「義援金」とは・・被災者に直接渡されるお金。しかし、平等に渡すために事故からしばらく経ってから配布される。

■「支援金」とは・・被災地で活動を行う団体や機関(NPO・NGO)に対してのお金。

義援金」が被災者のもとへ届くまでには時間が掛かる。なぜなら、「義援金」は平等に届けなくてはいけないため、事故被害調査の時間を要する。さらに、今回の東日本大震災では行政自体も被災してしまったために、配分の遅れが目立った。

「東日本大震災で被災者が一番困っている時に義援金は支払われなかった。せめて義援金の1割でいいからNPOに回せばすぐに役立った」と語るのは、NPO市民福祉団体全国協議会の田中尚輝専務理事である。(オルタ27号「赤十字への安易な寄付でいいのか 長光大慈氏」よりコメント抜粋)


行政に比べて規模は小さいが小回りの効くNPOはいくつかある。もし、NPOに寄付していたらどうなっていただろうか。寄付する時にどこに支援することが最適なのかを考えることも、復興のスピードを左右する。


どうやら信頼できる支援団体に届けるのが一番のようだ

日赤はもう20年前になるか納得できない支出問題が公になって以来
わたしは信用していない。

善意が一刻も早く被災者に届き
復興のために確実に使われますように
IMG_7339.JPG


nice!(21)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康