So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-0401 残念な総理大臣 だジ [雑感]

日本で通用するからって
誰にでも通用するなんて思うなってこった。
恥ずかしく残念な総理大臣だジ。


3月22日に首相官邸で開かれた
「国際金融経済分析会合」に招かれた
ポール・クルーグマン米ニューヨーク市立大教授が
、会合での安倍晋三首相の「オフレコ」発言を含む議事録を
ネットで公開し、政府が困惑する事態となっている。
クルーグマン教授はなぜ議事録をアップしたのか。

招聘したクルーグマン教授との会合でのやり取り

あべしゃん>難民のための住宅投資や教育投資は
景気刺激になるのではないかと質問
教授>難民受け入れは、とてつもない社会的緊張をもたらすが
実のところ金額的には大したことはない」と
やんわり否定

・・・・人道問題である難民を、
経済的価値でしか見ていない安倍首相
(そういや以前人口減少問題とからませた発言してたな。)

菅官房長官>
「商品価格の下落が発展途上国に大きな打撃となっている」
と発言したが、
教授は「商品価格ではなく、需要不足こそが問題だ」

ことごとく正しく否定されてる。

教授は
『生産年齢人口が毎年1%ずつ減っていく中で、需要も減る。
この大問題に日本はどう向き合うのか』などの重要な提言。
しかし安倍首相らは、教授の提言を聞きたいというよりも、
消費増税の判断材料にするなど、
政権にとって都合のいい話をつまみ食いしようとしている。
話をつまみ食いされたくないので、
自ら議事録を全文公開したのか。

極秘会合なのに
クルーグマン教授はなぜ議事録をアップしたのか。
そのヒントが、
会合終了後に記者のぶら下がり取材を受ける
写真とともに載せた教授のこのツイートだ。

〈Aftermath(no,I don't enjoy this sort of thing)
=余波・とばっちり(ノー、私はこういうのは好きじゃない)〉
アベしゃんの思惑に利用されるなんてまっぴらだってこったいね。

あれぇこれはにゃんだ?
って疑問を持つことも思考停止している日本の大手メディア
nyanda.jpg
教授の思考形態ちったぁまねてみろてんだ、







nice!(15)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康