So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-03-20 自民党元国家公安委員長の「永田町徒然草」野党共闘、安倍倒す同志 [雑感]

もと自民党の中枢にいた人の発言が止まらん。
不思議なことに全く同感で
何にも付け加えることがねぇ。
そのまんま以下コピペ

元衆議院議員・元自治大臣・元国家公安委員長 白川勝彦
永田町徒然草
32ある1人区で25以上勝てる!

前段略
野党共闘の目的は、何か。
安倍暴走政治にストップをかけたい・
安倍自民党を倒したい ─ それで結構ではないか。
安倍政治の何処がいけないのか。
安倍政治の何処が我慢できないから、
ストップしなければならないと考えているのか。
たぶん、いろいろとあるだろう。
いろいろあって良いのだ。しかし、
安倍政治にストップをかけなければならないと
本気で考えそのために行動するという人々は、
共に同志なのだ。
いまは、安倍政治と断固として戦おうという人々が
一本にまとまるのが重要・大事なのだ。

一本になろうとする人々の間には、
いろいろな思いや考えがあるだろう。
「それを全部一緒にしなければダメだ」
というのでは、話はまとまらない。
安倍政治を止めなければ、
自分の思いや考えは叶えられない
と考えているならば、
まずは安倍首相を倒すことに
全力を尽くさなけばならない。
後は、安倍首相を倒してから
話し合って決めれば良いではないか。
当面する課題は、
来るべき参議院選挙で、
安倍首相とその一派
(公明党・おおさか維新・その他の安倍別動隊)に、
憲法改正に必要な議席を与えないことだ
と私は思っている。

32ある参議院1人区で25以上獲れば、
安倍首相の暴走は止まり、
上手くすれば安倍首相の退陣もあるかもしれない。
衆議院とのダブル選挙になったら、
どうするか … その場合でも、
この課題・目標は変わらないし変えてはならない。

安倍首相・安倍政治にストップをかけようと
本気で戦う意思を持っている人ならば、
すべてが一本にならなければならないのだ。
あれとは一緒になりたくないとか、
あの人が来なければだめだ、
などと言ってはならない。
安倍首相・安倍政治と戦おうという人々は、
すべて大事な仲間なのだ。
ああだ、こうだと注文を付けるのは、
安倍首相を倒してからにしてもらいたい。
以下略/

以上引用終わり

いわゆるリベラルと言われる人たちは
自民党から離れたところに追いやられているらしい。
逆にそれ以外の人が自民党に居残っているのか。
いよいよ自民党の存在自体が
カルト集団ののように怪しいものになってきた。

相次ぐ不祥事・疑惑・暴言もものかは
次から次へと醜聞を繰り出す。
(この頃のむたい俊介発言は
地元として恥ずかしい。)

ほんとにほんとにこの政権は
最悪最低だジ。


こんだぁ何やらかした?
ybainya.jpg


・・・・故障かぁ
nanndanya.jpg

続きを読む


nice!(15)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康