So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-03-09 民主主義って何だ。候補者は有名人ならいいのか。 [雑感]

野間易通 という日本のフリー編集者、活動家が

「乙武さん自民から出るのいいんじゃないの? 
野党の側ももっとバスバス大物投入していきましょうや。
古舘いけや古舘〜。」
ってもんで

なんか違うんだ。
こっちで有名な人が各地で地道な運動進めている人達に
何の尊敬も示さず、水戸黄門の時代じゃあるまいし、
ただ一人の有名人がアッと驚くような国会デビュぅで
悪徳代官をやっつけてくれるなんてのじゃぁ民衆の手に政治はねぇんだ
民主主義ってそんなもんかい?
ヨォロッパじゃ、今で言えば日本のママの会の参加者が
その運動の中からベビィカァ引いて議員になる。
100人の無名人が集まって声を上げるより、
一人の有名人が声を上げればいいってことかい
って聞いた。

「10万人の無名人と10人の有名人が声を上げればいいんじゃ」
って返事が来た。
それで
声上げるのは誰が上げたっていい。
有名人が立候補して、そいで票稼いで当選させてあと
誰も有名人の手綱引く人いねぇって、
もうヤッシィだけでたくさん。
お任せ民主主義じゃねぇ
自分たちが国を動かしてる実感を持つってこと

ってったら
「言ってることはわかりますけど、
それをよりによって私に言うの超ヘンです。
ふだん「民衆」の動きをチェックしてないのでは?」

「当選させたあとほったらかしっていうのは
今までおそらくあなたたちがやってきたことであって、
今のトレンドは
有名人であろうが無名であろうが議員は使い倒す」。
もう常識になってるかと思ってましたが」

だってぇだ。

あなたたちがやってきたことってのはムカッとしただが
なるほどって思ったのもつかの間
次の言葉で????


「市民の手作り感覚」を妄信すんのはやめようず」。

単に手づくり感覚じゃねんだ。
今ここに現に被害こうむってる市民国民がいて
声を上げてるってこったジ。
そんな小手先の話じゃねだ。
民主主義を盲信すんなって聞こえちまうのぁおらの錯覚か。

つい声を荒げてしまったら

では「民主主義もたいがいにしとけ」に訂正します」っていうんだ。

どういう意味なんだ?



この人はヘイトスピィチのカウンタぁで
かなり右翼から攻撃されている人なんだが
なんか違和感感じるんだな。
なんだろう。

いろいろ考えただけど、
一つはやっぱり、
<何で有名人なんだ>
と思うだ。
民主主義を標榜するとき、
一緒に運動してきた人たちを頭に描くのではなく
そこへ行くんだろうか?って。

長野で田中康夫氏が知事になった時、
女性は30分早く起きて
新聞を読むようになったという話があっただ。
これまで政治に無関心だった女性が
県政は身近に考えるようになった。
長野での新しい民主主義の芽生えだったじゃねかと思う。
確かに2期目あたりまでは斬新なアイデアで
県民の声を聴く姿勢を持っていたから
おらたちの思いが県政に反映している実感を持っていた。
しかし、
彼は途中から自分の考えを優先するようになった。
県民の苦言忠言に聞く耳持たなくなった。
どれだけの声が田中氏に寄せられたか。
しかし彼は良くも悪くも組織人ではないから自由奔放。
手綱を切って暴れるようになってしまった。

それは個々に応援した人たちが
監視を怠っていたせいだっただろうか。

結局、彼は
県民の思いを受け止めきれず知事職を失した。
県民の失望も大きかった。

だからこそもうそんな思いは嫌だと
この長野県の参議院選挙区では
政党同士だけではなく
県民を交えてしっかりした協定を結んで
統一候補を押し出すことにしたんだ。
おらたちが応援するのは
候補者が有名人だからなのではない。
おら達の思いをちゃんと国会に届けてくれる役割を果たすことを
約束したからだ。

言うことを聞かせる番だ俺たちがって
SEAKDsが言ってるじゃねかい。

有名人に言うことを聞かせられんなら
それもいいだろう。
しかし彼らはこの間運動の中にいたわけじゃない。
有名だからってホイホイと
そりゃいいそりゃいいというわけにゃいかないんだ。




続きを読む