So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-02-24 立憲主義ひとかじりだけ [雑感]

今更ながら、
立憲主義を改めて勉強してみただが、
ってもこの動画見ただけだけんど。



コバ節さんの話とぎれとぎれに書いてみる。

「不完全な人間・国家権力者を縛る」しくみ。
立法権で国民の人権を傷つけるものは認められていない。

各種の巨大な権力を持っているものに対して
強力な紙切れの内容で縛らなければならない。
改正発議はだから権力に対して
簡単に変えられないようにされている。

3分の2を2分の1にしても
国民投票すりゃいいじゃないかという発想は
そこのところを理解していない。

ところで
第一次安倍内閣で自民党の改憲草案出された中で
国民に国を愛せとは
国がストォカァになったのかと思った。
愛せと命令され義務で愛せるか?
思想良心の自由にも触れる。
家族仲良く、、、お上に命ぜられる話ではないのに
法で取り締まることができるようになる。
たとえば子どもが
おとうさんおかぁさんが険悪になって離婚しそうになった時、
夫婦仲良くしなさい法があった、とおまわりさんに言って
止めてもらおうなんてしたら
お父さんおかぁさんが逮捕されちゃう。

夫婦相和し、家族は仲良く、、なんて
「法は道徳に踏み込まず」の法の精神にはずれている。

権利と義務の条項で義務を負えが強調するが、
人権は強力な権力に対する盾として国民に与えられている。
権利は義務を伴わずとも単独に持ちうる。
ただ、個人の表現の自由(人権のランクが高い21条)の濫用、
他の人権を壊すことは許されていない。

ってまぁ、バラバラに頭に残ってること羅列。

戦争法は憲法の上に法律を置いて
国民を従わせようとするもの。
秘密保護法も憲法に抵触している。
国民の幸福の追求権を踏みつけにする
安倍政権をひっくり返さにゃいけねぇと
心から思うだが。


邪魔だワン、なんて言わせないじ。
ココが身の安全を守る場所。
tyotokomatawan.png