So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-02-10 公平保つ『電波停止』なら、NHKよすぐに停止せよ。 [雑感]

昨日に続いて報道を考える。
公平公平って、籾井さん、
政府が右ってものを左っていえねぇって
言ってたよなぁ。それって公平かい?
右が真ん中になっちまってる気がするんだが。
気のせいかい?
おらはNHKこそ電波停止の放送局に
該当するって思うだが。

日刊IWJガイド
『電波停止』をチラつかせてメディア封殺を狙う
安倍政権の巧妙な『情報操作』とは?
2016.2.10日号~No.1245号~その2

 IWJ城石記者
高市大臣の「電波停止」発言問題の続報

「政治的公平性に違反したメディアには
電波停止もないとは言えない」!
高市大臣が2日続けて衆院予算委員会で答弁!
政府のこだわる「法的根拠」には、
実は周到な「情報操作」が含まれていた!

 事の発端は、2月8日の予算委員会でした。
民主党・奥野総一郎議員が、
安倍政権に批判的なニュースキャスターの
降板が相次いでいることを踏まえ、
「はっきりと否定してほしいのですが、
『政治的公平性』を欠いていると
総務大臣が判断した放送事業者への
電波停止はありませんね?」と質問。
答弁に立った高市大臣は、
「放送局が放送法の定める
『政治的公平性』に違反を繰り返せば、
電波停止が将来にわたってないとは言えません」
と答弁したのです。

 政府がテレビの電波を停止をするかもしれない!?
これは脅しじゃないですか!?

 ここのところ明らかにメディアへの介入を強める
安倍政権ですが、ここまではっきりと介入の可能性を
述べたことはありませんでした。
憲法の定める言論・報道の自由への大胆な侵犯であり、
権力の乱用の「チラ見せ」です。
なんというはしたなさ。もはや「異常」です。

 そして昨日9日、民主党・玉木雄一郎議員が
予算委員会で、再度、高市大臣に対し、
電波停止の可能性について確認。
高市大臣は、放送法や電波法を根拠にあげつつ、
「総務大臣は、放送法を所管する立場から、
必要な対応は行うべきと考えております」として、
またもメディア介入の可能性を認めました。

 放送法4条には確かに放送内容の
「政治的公平性」が規定されており、
174条には「放送事業者が法律に違反した場合には、
総務大臣が放送事業者に対し3カ月以内の業務停止を
命じることができる」と定められています。

 え、じゃあやっぱり高市大臣の言うとおり、
政府は「政治的公平性」を欠いた放送事業者に対して、
電波停止を命じてもいいんじゃないの?と
思われた方もいるかと思います。

 確かにマスメディアは
高市大臣が法的根拠を示して答弁している
事実だけを切り取ることでまるで政府の言うことが
正しいかのように報じていますが、
実はここには政府とマスコミによる相当な
「情報操作」があります。
「政治的公平性」は誰が決めるのか?という
議論はもちろんそもそもこの放送法には、
驚くべきカラクリがしかけられているのです…!

 このカラクリを暴いたのは、
放送に対する権力介入を監視する
第三者機関「放送倫理・番組向上機構」(BPO)
委員長代行で、映画監督の是枝裕和氏。
それをふまえ、
IWJではこの問題について記事にしました!
まさに目からウロコの事実を
是枝監督が暴いています
記事全編をお読みください!

・2016/02/09
メディア規制を強める安倍政権・高市大臣が
テレビへ「電波停止」の恫喝的発言!
BPO委員長代行の是枝裕和氏が
「放送法」のカラクリを暴く!
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/286707


結構こ難しい記事の全篇は会員でないと読めないだ。

くわしくは会員登録して読んであげてください。
おら?登録PW  忘れて読めねぇ!
PW再登録してから読ましてもらうで。

いやぁ実によくできた番組で…
いやぁ実にすばらしい記事で…
って何が起きてるんだか何にも見えてない
dousitawan.png
ってことがねぇ様にしてぇな。
nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康