So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-01-25 信州市民連合パネルディスカッション2 [雑感]

きのうも書いただが、24日松本で信州市民連合の松本出張所?希望長野主催で
市民と政党のパネルディスカッション。
一部で
統一候補擁立で合意
なんて話が流れてるだが、
読めば分かる通り、
野党共闘の協議をすることで合意しただけだだ。
民主は自分とこが統一候補と決めてかかってるが
そういうことじゃねぇジ。
安保法制廃止。立憲主義、民主主義を取り戻す。
そういうこっで一致して候補を立てるってこんだで
チャンと候補者見極めなきゃいけないのと
何より、民主中央がしゃんとせにゃ
安心して共闘できねぇじゃねぇかい。

1月24日の様子ツイッタから拝借



松本猛氏をコーディネーターに、
民主、共産、社民、緑の党の方の、
パネルディスカッションが行われた。、
まずは参院選をどう戦うか、各党から発言があった。、
それを受けてではどうやって統一候補を立てるかが話された。、
緑の党の八木聡氏は、、
バラバラの政党がひとつになるのは難しいことだが、、
市民が応援しやすい候補が望ましい、、
野党が応援できるため出来れば、
無所属で立てるのがいいのではないか。、
また、投票率の低さから野党共闘だけでなく、
市民が選挙に関わりやすい状況作りが大切だ。、

社民党の中川博司氏は、この間の経緯として、
民主、共産、社民が個別に会い相談したこと、、
民主県連の北沢代表には野党だけでなく、
市民も入れた野党統一候補擁立のための、
共同のテーブルを野党第一党として、
呼びかけて欲しいと要望してきたことを話した。、
その上で、社民党として民主党への要望を3つ上げた、
一つ目は民主党公認となった杉尾秀哉氏が
本当に安保法制廃止と立憲主義の回復のために、
働いてくれる人なのか、話を聞かせて欲しい。、
二つ目は他党への説明、協議など丁寧な党運営をして欲しい。、
三つ目は無党派を含めた運動が高まらないと勝てないから、
無所属の候補を擁立して欲しい。、

共産党の石坂千穂氏は、、
日曜討論で民主党岡田党首が共産党と協議するつもりはない、
などと発言していたが、協議なしで一方的に降ろせない。、
中央レベルで協議して欲しいと話していた。、
また、現職がいるので民主党が公認候補を出したいのは理解できるが、、
公認あるなしより大義で一致することが大事と。、
民主党の下条みつ氏は、主に社民と共産の発言を受けて、
丁寧に説明する機会が足りなかったことを痛感したと、
終始低姿勢だった。、
杉尾氏が会社の関係で12月まで身動きが取れなかったが、、
これから丁寧に説明していきたいと。、
無所属候補をという声は党に真正面から伝えると話していた。


いわゆる革新的な支持層は民主党アレルギィがあるらしい。
無所属にこだわってるきらいがある。
おらは政党はどうでも、
とにかくきちんとおらたちの国会前の声を
そのまま国会に反映してくれりゃイイダ。
そう思わねかい?

続きを読む