So-net無料ブログ作成
検索選択

国際豆年でマメに生きましょう [雑感]

2015年11月10日-ローマ
   あらゆる種類の乾燥豆類は安価で美味しく、
栄養価の高いタンパク質および必須の微量栄養素を含んでいて、
特に開発途上国で人々の健康や生活に大いに恩恵をもたらす。

FAOのジョゼ・グラジアノ・ダ・シルバ事務局長>
「豆類は特にラテンアメリカやアメリカ、アジアといった
人口の多い地域での食料安全保障において重要な作物であり、
その地域の伝統的な食事を構成しよく小規模農家によって
生産される作物でもあります」と述べた。
[何世紀もの間、豆類は人々の食生活に欠かせないものでした。
しかし、その栄養価値は一般にはあまり認識されておらず、
多くの場合過小に評価されているのです」と付け加えた。
パン・ギムン国連事務総長>
「豆類は飢餓、食料安全保障、栄養不良、環境問題や
人間の健康に取り組む上で大いに貢献してくれものです」
と開会式典に声明を寄せた。

mamehatuga.png 「持続可能な未来のために栄養ある種子を」
というスローガンのもと国連総会は
豆が持つ多くの利点について啓発を高め、
豆の生産および貿易を促進するとともに、
フードチェーンを通して新たなそしてより賢い豆の使い方を
広めていくため、2016年を『国際マメ年』と宣言した。

未開拓の潜在能力 >
豆類は食文化の一部であり世界中の多くの場所で常食となっている。
また、ファラヘル(ヒヨコマメのコロッケ)からチリビーンズに至る
国や地域の特別な料理を作る上で欠かせない食材でもある。
世界中には何百種類もの豆が栽培されている。
インゲン豆やライ豆、サヤインゲン、ソラマメといった
あらゆる種類の乾燥豆は人気がある。
その他にも、評判が良いのはヒヨコ、ササゲ(大角豆)、キマメである。

豆類はより高価な動物性タンパク質への手頃な代用品であり、
世界の貧しい地域では食事を改善する理想的な食べ物となっている。
例えば牛乳から摂れるタンパク質は、
豆から摂れる同量のタンパク質より5倍も高価である。
豆は同じ収穫高で穀物の2~3倍の値段がつくため、
農家が農村部の貧困から脱出する素晴らしい可能性を提供する。
またその後の加工プロセスは、
特に女性にさらなる収入の機会をもたらすことにつながる。

健康効果>
形は小さいが豆類は多くのタンパク質を含んでいる。
実にその量は、小麦の2倍、コメの3倍にものぼる。
また、微量栄養素、アミノ酸、ビタミンBも豊富で、
健康な食事には必須不可欠な要素なのである。
脂肪は低い一方、栄養価が高く、
水溶性食物繊維が豊富な豆類は、コレステロールや
消化系に関わる健康管理や維持にも優れている上、
鉄や亜鉛の含有率が高いため、貧血に悩む女性や子どもにも
良く効く食べ物となっている。さらに肥満対策や、糖尿病、
冠動脈症状、癌といった生活習慣病を予防したり、
改善したりする上で必要な健康食の中で鍵となる材料である。
その高い栄養価から豆類は非常食の必需品で
またグルテンを含んでいないためセアリック病の患者にも適している。

家畜や環境にも利点>

豆類は私たち人間の健康に恩恵をあたえてくれるだけではない。
家畜の健康や土壌の健全を促進し、生物多様性を高める。

豆類の作物残渣は窒素配合量を高めるため家畜の飼料に使われ
家畜の健康状態を改善し、成長を促進させる。
特にマメの持つ窒素固定作用が土壌を肥沃にし、
それが農地の生産性を上げたり、化学肥料への依存を減らしたりできる。
さらに、全体的に土壌の健全性を高めることにより、
豆類は様々な種類の菌や虫バクテリアの豊かな棲み処を醸成することから、
地表面下の生物多様性をも促進する。
豆類は遺伝子学的に非常に多様であるため、
農家が変化する気候状況に適合する生産を行うために
新しい種を選ぶことが可能であり、
気候変動への適応においても素晴らしい可能性を保持している。

豆類は被覆作物としてまた、他の作物との間に植えたり
輪作したりするなど間作システムの中で利用することで、
土壌の侵食を減らし、害虫や病気を管理することができる。




まぁいいことだらけのマメだいね。
連作が気になるけんど耕作場所を繰り回しゃ
アアトに植えた葉物は肥料なしで育つジ。

今年ャ畑どのくれぇ出来るかまたまた心配だけんど。
豆はいつものように作ることにするわね。



しかし、、、
おまけ>
2013年はキヌア年て書いてあったもんで
キヌアってなんだ?って調べてみた。

キヌアとは、健康的な体調管理に適する、
栄養バランスに優れた南米産の食材です。
必須アミノ酸をすべて含み、
また各種機能性も豊富で完全食品とも称されます。穀物ではありません。

キヌア栄養比較>
キヌアの特徴としてはまずその栄養価の高さがあげられます。
キヌアは通常の精白米と比べ少ない炭水化物(糖質)で
同等のエネルギーに対して、2倍のタンパク質、5倍の良質な脂質、
8倍の食物繊維、6倍のカリウム、10倍のカルシウム、7倍のマグネシウム、
7倍のリン、8倍の鉄、を含みます。

キヌアはまた、体内で合成できず栄養分として摂取しなければならない
必須アミノ酸のバランス(アミノ酸スコア85)も牛乳に匹敵するほど良質です。
キヌアはまた低いグリセリンインデックス値をもつ複合糖質となっており、
低GI値である食材と言えます。
単品でいきなり痩せるわけではありませんが、
他の健康的な食材と組み合わせれば健全なダイエットに貢献するものとも言えます。

1993年のNASAの専門誌は次のように述べています。
「1つの食材が、人間にとって必要な全ての栄養素を提供することは不可能だが、
キヌアは植物界、動物界において何よりもそれに近いものである」。

機能性>
キヌアにはサポニンが含まれます。
サポニンには去痰作用、溶血作用などがありますが
キヌアの精製段階ではその多くが水洗で取り除かれてしまいます。
女性ホルモンと同じような働きをする成分フィトエストロゲンも含まれます。
サポニン同様、過剰な多量摂取は逆に機能性を削ぐので注意が必要です。
その他、豊富な繊維質や国産キヌアについて特に多く含まれるポリフェノールなどが
要因で様々な機能性を持つと言われていますが、
食品において言及できることは限られているためここでは割愛します。

女性の味方>
フィトエストロゲンのほかに、中年以降の女性に多い
骨粗しょう症を防止する上で重要な因子と言われているカルシウムも多量に含みます。
淡白な味わいと特徴的な食感、レパートリーの無限なレシピ、
そして類まれな栄養バランスを保持することから、
自分や家族の健康に気を遣う女性の味方であると言えます。

歴史>
キヌアはエクアドル、ボリビア、コロンビア、そしてペルーといった
アンデス地域を発祥とするもので、それらの地域では人間の消費用に
3,000年から4,000年前に栽培に成功していました。
近年穀物としての特色が見直され、ペルー、ボリビアなどの
アンデス山系での栽培が広がると共に、アメリカ、ヨーロッパ各国で
食品としてのキヌアに対する関心が高まり、
日本を含めて、栽培、利用、食品評価に関する研究が展開されてきました。

また2013年は国連が制定した「国際キヌア年」であり
世界的な認知度の拡大が見込まれています。
北米での人気には及ばないものの日本国内でも
徐々にその知名度は向上しつつあると言えます。

国際キヌア年>
、国連事務総長>
「世界キヌア年を機に食料・栄養安全保障、貧困撲滅、持続可能な
農業の分野でキヌアが持つ潜在力についての理解が広がることを期待する」
と述べた。



女性の味方>って書かれてるってぁ見逃せぇじゃねぇかい。
ちっと種探してみっかと思う。

ツレ?
はい、朝起きた途端に
「いつまでごはん食べられるずら?」

なんじゃそりゃ。
意味わからんので聞き直したら

「便秘で食べられなくなるから」
ってんで
食べなくなるまでたべてりゃいいじゃねぇ?
って答えておいた。

さらに
「吉野さんきても
厚手の着るものがねぇから。。。」って断ろうてぇわ。

寒いってのが断る理由?
あったかくしてもらうんだから、、、
これも却下。

3日薬を外していた影響がでたせいでか
落ち着きのないきのうまでの食欲不振とは打って変わって
食欲は良好。
昨夜は精神安定剤飲ませたからかね。
但し、譫妄っぽいなぁ。
会話はできる日になりそうだけんど。
どっちがツレにとって気分がいいんのかいなぁ。



nice!(33)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康