So-net無料ブログ作成
検索選択

2015-12-22 猫喫茶と温泉スタンド [ツレ]

ツレをお風呂に入らせっかと
頭をめぐらして
はるばる穂高の外れまで
温泉スタンドのお湯を買いに出かけただよ。

はぁるか訪ねていない
認知症の義姉さんの様子も見っかと
見舞いを買いにスゥパァによったら、
道順が予定と違っていたもんで
まえから話に出ていた
猫喫茶に足を向けちしまった。

元蕎麦屋を改造しただが
おしゃれな喫茶だな。

オォナぁさんは11カ月の赤ちゃんを
抱きながら仕事してたじ。

入り口で受付して飲み物を注文。
手の消毒して靴脱いで猫部屋に入室。
P1020501.JPG
ケンカしない?てきいたらせ、

「そういう性格の子は選んでないんです。
この子は外されてるというか
協調性がないというか、、、
いまちょうど、すねて部屋から出てきたところで」
と毛の長い茶色のペルシャ猫みたいな子を見つめる。
P1020491.JPG
他のネコたちゃほとんどお休み状態。
何にもしないでぐうたらしてたわ。

雑種の黒猫だけがおらの気配に近づいてきただ。
P1020484.JPG
カメラ構えると、ひもがぶらぶらするもんで
じゃれつこうとしてじゃまするだよ。
声かけて反応したのこの子くらいだな。
あとは見ての通り。まさにネコだわ。
P1020496.JPGP1020478.JPGP1020479.JPGP1020482.JPGP1020494.JPG
おらの後に入室の老夫婦は
猫を何匹かかっておられると。
しかし猫ならどんなのもかわいいみてぇだな。
P1020499.JPG

お子ちゃまもたくさんおいでとかで
こんな張り紙も
P1020495.JPG

一応こんな風に猫つぐらを用意して
一組様宛1匹コンパニオン
P1020493.JPG

さて温泉スタンドで200Lタンク給湯して
寝ているだけの義姉さんを急いで見舞ってと

家についたら早速、お風呂に移し替え。
P1020502.JPGP1020503.JPG


さぁ、温泉のいいお湯が入ったよ、はいろうよ

って気分よくツレをさそったに、
ねころがったまんままぁったく反応ねぇ。

温泉のお湯だよ。
折角2時間近くかかってくんできたんだから
はいってほしいんだけどさぁ。
今はいらないと冷めちゃうし。
今日はほんとの冬至でゆずも入れるから
ね?はいろ。

しかし手を引っ張っても応えねぇ。

まぁこの辺りまでは穏やかに話してただが
どうやら入る気がないのがわかってきたとこで
私の気分がとうとう切れちまった。

あ、そう。
入らないんだね。
分かったわ。
私はお父さんに入ってもらいたくて
穂高まで行ってきたんだ
マッタク無駄足だったってこったね。

頭にかっか、ぷんぷん。
いつもの湯たんぽと夕食の支度して
おらはお先に頂きますってって
ごろ寝しているツレを横目にして
サッサと食べちまってせ
でかけてくるからって外出しちまっただ。

署名の回収だけんど
こんな時間に行くこともないに
これ以上家にいると、悪態ばかりつきそうだもんで
家にいたくなくって逃げ出しただわ。

出かけた先は用意して待っててくれて
すぐに用が済んじまい、
仕方なく近くの所に署名を頼みによっただが
それもさして時間はかからねぇで
30分もしねぇうちに家に帰ることになっちまった。
まだ腹の虫がおさまってねぇから
このPCもぷんぷんしながら叩いているだ。

ツレは用意した夕食のほとんど食べてあったわ。
昨夜と違って食はこんねに進むのに、
ふろだけはどうしてもはいらねぇなぁどうしてだ。

んんん!もうっ!。
はっつけたくなるのを我慢我慢。
今日は新聞読んでやんねぇかんね!
(これ腹ん中で言ってる声だジ)