So-net無料ブログ作成
検索選択

2015-11-25 まだ希望がある居場所作り [雑感]

24日、定期的な鍼の日。
先生に持ち帰ってもらおうと
野菜をとりに畑に行っていたら
時間を忘れて畑仕事に没頭してしまい、
5分の時間超過。
家に帰ると、すでに先生と連れがバトル中。
じつは朝から
4日目の排泄でてんやわんやしていたので
気分が落ちていると一応様子を伝えてあったが、
ツレは居間で寝転がったままで動こうとしない。

先生とパァトナァさんは
そのままでいいので施療しましょうねと説得中。

私はとにかく変な格好で寝転がっていないで
もう少し施療しやすい形になってと
声かけながら動かした。

憮然としながらもなされるがままのツレ。
そのうち先生の話にやっと頷き
先生は棒灸に火をつけて施療開始。
私と先生のパァトナァさんはその場から離れ
いつものようにおしゃべり。

先日聞いたヤギの話になった。
毎年種付けしているので来年秋には飼える。
来年家を買うことができたらヤギも飼えるようになる。
そうなったら楽しい居場所が作れるかもしれないと
気持ちがわくわくする。
パァトナァさんも楽しみにしてくれている。
彼女は不登校の女子中学生との交流もあり、
その家庭で飼っている猫の
我が家への貸し出しを考えてくれている。
そしてヤギのいる家は
そういう子どもたちも居場所になるかもしれない
と言ってくれた。

こういう言葉で背中を押してくれる人は
今までいなかった(心配する人はいたけど)ので
もう年だからと諦めていたけれど
居場所作りまだ希望がある。
yagi.gif



続きを読む


nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康