So-net無料ブログ作成
検索選択

2015-11-23  戦争法に反対する池田町民の会SNS戦略W [雑感]

2015年5月15日、
安倍政権は戦争中の他国軍を後方支援するため、
いつでも自衛隊を海外派遣できる「恒久法」と、
集団的自衛権の行使を可能とする
武力攻撃事態法改正案など計10本の
現行法を改める改正一括法案からなる
平和安全法制を国会に提出。

6月初旬、
これを受けて
非戦を謳った憲法を無視する政府の動きに抗議すべく
「戦争法案に反対する町民の会」が準備された。

6月22日
この準備会の名で町議会に
法案廃案求める国会への意見書を陳情し採択された。

その翌日23日には
党派を超えた町民有志60名の参加で
「戦争法案に反対する池田町民の会」が結成された。


以後、会として町民に募った
アピィル賛同署名をもとに
全戸配布のチラシ4号発行、
数えきれないスタンディング、
学習会、
軽トラ平和パレェドなど

様々な活動が取り組まれてきた。

9月19日
採決とも呼べない不法な方法で
参議院で戦争法が成立させられた。

このため名称を法案から法に変更して
この無法な危険極まりない戦争法が廃止されるまで
活動を継続することを決定。

今新しく構築中のホォムペェジにリンクして
情報を共有できる記事を展開すべく
フェイスブックとツイッタもサイト設置。
12月からは本格始動したい。

とりま、野党は共闘で
参議院選挙で自公政権を退陣させましょう。

ってな内容で
わたしがフェイスブックを担当することになって
半日がかりで
「戦争法に反対する池田町民の会」サイト
https://www.facebook.com/sensouhouhantaiikeda/
をつくり上げた。
しかし、
ここへどうやったら誘えるのか
どうやったら取り消しできるかもわからない。
という何とも頼りない状況で。
お試し仕様なので検討した後変更する予定だけど。


続きを読む


nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2015-11-21 レイリスさんの声から日本のなすべきを考える [雑感]

先日起きたフランスのテロ事件で妻を殺された
ジャァナリストレイリスさんの手記をご紹介したいとおもいます。

あなたたちは私に憎しみを抱かせることはできません。
13日の夜、あなたたちは特別な人の命を奪いました ―
― 私が生涯をかけて愛する人であり、
私の息子の母親です。
しかしあなたたちは私に憎しみを
抱かせることはできません。
私はあなたたちが何者かを知らないし、
知りたいとも思いません。
あなたたちは魂を失った人間です。
彼のためには殺人をもいとわないほどに
あなたたちが敬っている神が
自分の姿に似せて人間を創造したのだとしたら
私の妻の体に打ち込まれた全ての銃弾は、
彼の心を傷つけたでしょう。

私はあなたたちの願い通りに憎しみを抱いたりはしません。
憎悪に怒りで応じれば、今のあなたたちのように
無知の犠牲者になるだけです。
あなたたちは私が恐れを抱き同胞に不審な気持ちを持ち、
安全に生きるために自由を失うことを望んでいる。
あなたたちの負けです。


今朝、私は彼女に会いました。
この数日、ずっと待ち望んでいた再会です。
金曜日の夜に外出した時と同じように彼女は美しかった。
12年前に私を夢中にさせた時と同じように美しかった。
もちろん私は痛みに打ちのめされています。
その点については、あなたたちは少しは
勝利をおさめたのかもしれない。
しかし痛みは長くは続きません。
彼女はこれからも私たちと共に生き続けます。
そして私達は再び自由に愛しあえる楽園で会えるのです。
そこは、あなたたちが入れない場所です。

私と息子は二人きりですが
世界中のすべての軍隊よりも強い。
これ以上あなたたちのために使う時間はありません。
メルヴィルが昼寝から目を覚ましたので、
彼のところに行きます。彼は生後17カ月。
普段通り食事をし、私と遊び、
そして幸せで自由な人生を過ごすことで、
あなたたちに勝利するでしょう。
彼もあなたたちに憎しみ抱くことはありませんから。



19日現在、レイリスさんの投稿は20万人以上に共有

以上ですが、忘れてはならないのは
フランスで起きたことが
実はシリアで毎日のように
アメリカ、ロシア、フランス、イギリス、中国などの
空爆や戦闘行為によって起きているということです.

続きを読む


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

南シナ海での自衛隊活動検討,またも国民や国会の頭越しに [雑感]

IWJで記者をしている佐々木隼也の記事


9日に、フィリピンの首都マニラで
オバマ大統領と会談した安倍総理は、
「南シナ海での自衛隊活動は
情勢が日本の安全保障に与える影響を
注視しつつ検討する」と述べました。
またも国民や国会の頭越しに、
今度は自衛隊の派遣検討を
「国際公約」した安倍総理。
とはいえ、装備やシステム面から、
政府内でも「現時点では」派遣は
困難との見方が強い状況です。

 ですから菅官房長官は昨日20日の会見で、
「米国が行っている『航行の自由』作戦に
参加する予定は全くない。具体的計画もない」
と火消しに走りました。…が、
将来的な警戒監視活動などへの参加は
「十分に検討したい」ともはっきり述べました。
つまり結局は、安倍総理の「国際公約」を
補強したに過ぎず、全然火消しになっていない!

安倍総理は常々、オフレコの場では
「安保法制は南シナ海有事のため」
「早く成立させないと南シナ海に間に合わない」
などと言っていることがたびたび週刊誌に
報じられるほど、「日中有事」に
並々ならぬ野望を抱いています。
成立した安保法制によって、南シナ海でも、
そして地球の裏側でも、地理的制約なく
武力行使や後方支援(という名の兵站活動)が
できるようになりました。
さらには、「自分たちの身を守るため」だけに
やむなく武器使用が許されていた自衛隊が、
今回の安保法制では「米艦を守るため」にも、
武器使用ができるようになりました。
自衛隊と中国軍がもし偶発的に衝突したら…
また自衛隊と共同哨戒中の米軍がもし
中国軍と偶発的に衝突したら…日本は「武力行使
つまりは一気に戦争状態に陥るそんなリスクが、
安保法制の成立そして今回の安倍総理の
「国際公約」で一気に高まったということですね。
これは米国の要請に安倍総理が従ったものです
米国は、自らは沖合に引きながら
二国を対立させることで、漁夫の利を得るという
「オフショア・バランシング戦略」のもと、
日本と中国を対立させ、他方で自分たちは
中国とは懇ろの関係を保ち続ける、
という戦略を進めていると言われています。
そうであるとすれば、「日中有事」はむしろ
願ったり叶ったりかもしれません。

「沈みゆくアメリカにしがみつくのは最悪の選択」というのは
──中国研究者の矢吹晋氏

あなた好みの犬になるワン。
burokoripudoru.jpg

この人はどこの総理と問うてみる。
臨時国会で聴きたいことは山ほどあるのに
海外逃げ回っていると思えば、
その国会なんぞマッタク眼中にない。
自分が国の代表者だからいいんだというこの傲慢ぶり。
ほんとに早く国会からつまみ出したい。
ooimaigo.jpg

nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

橋下大阪維新の正義 [雑感]

まずはこの抜粋記事。

ニュースの延長戦
           武田砂鉄

暴走止まらない橋下徹市長
、 なぜその「正義」が通用してしまうのか。


『勝敗』と『正否』とを同一視している橋下氏
=藤井聡・編『ブラック・デモクラシー 民主主義の罠』(晶文社)で中野剛志氏

「『勝敗』と『正否』とを同一視している」彼からしてみれば、
この手の本も、いつもの
「だったら選挙出て倒してから言えよ」で
処理しようとするのだろう。

「あれほど怒るなんて、橋下さんは真剣に取り組んでいる証拠」
「言い方や態度はきついけど、よう頑張ってはる」
という代表的な橋下支持者の声。

橋下はものすごく多弁ではあるものの、
決して理路整然と語るわけではない」という。
テレビニュースが使うコメントの最大値と言われる
15秒の中に収まる痛快なコメントを連呼し、
テレビがノーカットで使えるように心がける。

ボスニア紛争で名を馳せたPR会社
「ルーダー・フィン」社のジム・ハーフ氏は
世論誘導のために要人に対して
「長くても十数秒の間にもっとも重要なことを
シンプルなセンテンスで伝えることを強いていた。

橋下市長の端的なコメントは、
「皆に分かりやすい」政治を目指すためではなく
「こちらはこんなに分かりやすく提示してんのに
分かってくれないバカなマスコミがいる」という空気を醸成。

11月14日のツイートで橋下市長は、
YouTube動画のリンクを貼り付けたうえで
「大阪市議会共産党幹事長山中氏
『選挙が終われば自民党は共産党の言いなりになる!』」
とツイートしたが、該当のYouTube動画を見ても、
そのような発言は確認できない。
いかにも脇の甘いツイートだが、
この手の煽りは「『勝敗』と『正否』とを同一視」している
彼の常套手段である。
つまり、動画を確認して「嘘つくなよ」と憤る人よりも、
勢いまかせのテキストに「マジかよ!」と
反応してくれる人の数が勝るのであれば、
それが彼にとっては正しいのである。
彼の得意技である「テレビニュースが使いやすい
数秒のコメント」、「端的なツイート」という、
厚みに欠ける攻撃の連鎖がもたらした空疎を、
腰を落ち着けて熟考した2冊の書籍が丁寧に捌いていく。

化けの皮が剥がされぬまま繰り返されようとしている後者は、
「東のど真ん中」がこれから持ち込もうとしている
手法のひとつでもあることを肝に銘じておきたい。


コメントなしに大阪維新の実績を表で見てみる。
hikakukinken.jpg
スライドkinshuku3.jpg
hasi金.jpg
そして二重行政と言われて削られたのは
isinsaxabisukat.jpg
きわめつけは
oosakato.jpg

ええっ!
そうなの?!
nyandanya.jpg

おおさかW選挙あとわずか。
住民投票で示された
大阪人の良識が発揮されますように。
nice!(17)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

19日「立ち話スタンディング」 [雑感]

今朝は「19日を忘れない」
「戦争法反対、採決無効」
「戦争で誰の子も殺させない」
スタンディングを計画していた。

また出がけにバタバタすれば
行かれなくなるかもしれないと
あらかじめ断りを入れておいたが何とかいけた。

いつものメンバァが予定があって不在。
今日はちょっとさみしく2人だけ。
しかし身に着けた「でかゼッケン」をみせるため
あっちむいたり、こっちむいたりしながら、
ずっとおしゃべりしていた。
で、アッという間に1時間。
宣伝にきたのだか立ち話にきたのだか分からない。
これは「立ち話スタンディング」って名づけようと思う。

宣伝の看板の話になって
法に反対だけじゃなくて
ヤッパリ安倍倒して戦争法反対の
立憲主義の政府を作ろうってのを入れないと
インパクトたりないんじゃないかということになって
次回までに横断幕を画くことにした。
abegomi.jpg

さてツレは
ゆうべ夜中に起き出して
あれこれつまみ食いしたのに
今朝起きて聞いてみると
「?起きてないよ」という。

そうぉ?でもおしっこしてあったし、
電気点きっぱなしだったし
おいといたものかじってあったし、
ねぼけてたか?(軽い譫妄)

スタンディングから帰ってきたときのツレは
まだ排便前で落ち着いていた。
そのあとは
昨日ほどではないけれど、
おしりふきから着替えまでバタバタした。
お尻が痛いとお尻をかばいながらなのか
がくがくしながらたちあがる動作は心配になるし、
お尻のしまりが悪いのはおもしろくないが
比較的安定しているようで気分は楽だ。

リハパンは汚さないようにと思ってパットを当ててある。
しっかりさげて用をたさないためにか腰の部分をよごしてしまう。
でも、なんだか明るい。
今日はお医者さんの世話にならなくてもよさそうな気配。
明日鍼の日。

さぁどうなるか。
毎日楽しみなような、不安なような、、、



nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康