So-net無料ブログ作成
検索選択

2015-10-22 高EE ウツの再発率の原因と対策 [雑感]

できるなら読まないでおきたかったけど、
読んでしまったら、やっぱり自分がいけないんだなぁと
思い知らされた。

娘からの忠告で送られてきた情報。
ウツの再発率の高さは
家族の対応にかかっていた。
「高EE」
精神疾患の患者さんに対する家族の接し方を表している用語。
患者さんにとって一番身近な存在であり、
一番の理解者である「家族」が患者さんに対して
どう接するかによって再発率は大きく変わってくる。
多くの研究で高EEの家庭は低EEの家庭に比べて、
再発率が4~5倍に上昇すると報告。
•批判
•敵意
•情緒的な巻き込まれすぎ(患者さんの言動に左右されすぎてしまう)


私の場合、批判と巻き込まれ過ぎか。

「寒い?それはうつ病せいだから
それなおさなきゃなおんないよ」
「甘いものばっかりしか食べなくなっちゃって
もっとほかのものも食べなくちゃ」
「おふろはいんない?
私じゃなくてヘルパぁさんが手伝ってくれれば
はいるでしょうに」
「よその人にはこれほどの笑顔があるかと思うくらい
いい顔して笑うのに、一所懸命笑わせようと話題を出しても
私には見せてくれないなぁ」


•批判せず支持的に接してあげている
•共感したり話し合ったり安心感を与えている
•適度な距離感を持って接している
ことが大事か。
わかってるつもりだけどねぇ。

色々やらせようとしすぎているのか。
そういえば病院にいた時に
そんなこと言われたな、
やれないことをやれといわれて
自分はだめだと思わせているのか。
安心感がないのかもしれない。
今は外に行くことを勧めるのだけど、
足湯だけは結構嫌がらないで出かける。
しかしすぐ近くの畑に誘っても行こうとはならないので
私はかなりがっかりする。
そう言う一つ一つが
ツレにはいい気分を与えていないのだろうか。

頭では分かっていても、
実際は高EEの家庭は少なくない。
なぜ精神疾患の家族を持つ家庭のEEは高くなってしまうのか。
主に2つの理由
1.家族の負担が増えること
2.病気についての知識がないこと
具体的に困っている状態や症状に対して
医療機関や公的機関で相談をし、
生活のアドバイスをもらったり、
サポートやサービスを受けること。
必要なサポート・サービスを受けるのは患者
家族の権利であり必要な治療の一環。
「家族の問題なのだから、
周りに頼らず家族内で何とかしなければいけない」と
考えてしまうご家族がいますが、これは誤。
多くの場合、精神疾患は家族が原因で起こったものではない
誰にでも起こりうるものが、
たまたまその家庭に起こってしまっただけ。
だから家族だけで解決しようとするのではなく、
行政や医療を巻き込まなければいけない。


家族の負担は当然出てくるから
介護の相談を公的機関にすべきだと。
しかし
デイケアを嫌がるツレに
入院以外の方法を思いついてくれない。
食べるものを
私以外の人が作ってくれれば
少しは食べてくれるかもしれないと
訪問ヘルパァの可能性を聞いたが
それは入院後、病院の栄養士さんとの相談の上と
今時点では話しにならなかったし。

私の希望と公的機関の提案はずれている。

入院を嫌だと思うのは
入院しても、改善が望めないから
また電気でメンテナンス位がオチ。

電気の効果は1か月くらいで病院にいる間に薄れてしまって
再発?して1年の入院と長引いてしまったし。


固い愛
固すぎる!
kataiai.jpg



nice!(19)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康