So-net無料ブログ作成
検索選択

2015-10-11 国家権力が暴走しようとまた集まり、大きな魚の形をつくる [雑感]

昨日の続きになるような記事を見つけ、
気持ちを新たにさせてもらった。

中野 晃一
2014年6月27日

· スイミーって覚えていますか?
* * *
ちいさな赤い魚の兄弟たちのなかで、
1匹だけ真っ黒の魚の「スイミー」
大きなマグロがやって来て、
兄弟の魚たちを飲み込んでしまいます。
逃げられたのはスイミーだけ。
けれど、海の中には
くらげやいせえび、いそぎんちゃくなど
いろんな生き物がいます。
そんな中見つけた、
スイミーにそっくりな小さな赤い魚たちに
「遊ぼう」って誘っても
「大きな魚に食べられるから」と
岩陰から出て来ません。
スイミーは考えて・・・
皆で大きな魚のふりをして泳ごうとみんなを誘います。
赤い魚たちの中でスイミーは目になって、
みんなで力を合わせ大きな魚を追い出しました。
* * *
高校時代の友だちにHというのがいて、
一浪して都内の中堅マンモス私立大学を出て、
地元の市役所の職員になったごく普通の男なのです。
シャイで口べたなタイプでもあり、
浮いた話ひとつないまま今も独身で両親と暮らしています。
数年前に妹に赤ちゃんが生まれたので、
遊びにくると甥っ子を可愛がっているようですが、
何しろ照れ屋なので抱きかかえもせず、
言葉少なにボールで遊んだりしてるんじゃないかと
想像しています。
うちの息子と会っても愛想を言うでもなく、
しげしげ観察しては笑っているような感じです。

特別に政治に興味があるわけではなく、
会えば昔話や趣味の話の合間に
僕の言うことに付き合っている程度だと
思っていました。
ただ、もともと優しいところがあり、
水道料金を払えない人が増えていることとか、
業務が非正規雇用に転換されていくことなどに
心を痛めているのは知っていました。

それがちょっと前から、
携帯のメッセージなどで集団的自衛権について
質問してくるようになりました。
でも、説明しても
「ごめん、難しくてよくわからん」と返事がくることもありました。
それでもまだ何かおかしいと思うのでしょう、
またHから質問がきます。
そのうち「俺はおまえと違って何もできないのだけど、
いったいどうしたらいいんだろう」と聞いてきました。
「うーん、僕だって大したことできないから、
集会に行ったりデモに参加したりするんだけど」と答えました。
1人でもんもんと悩むより元気出るよ。
そうか、今度行ってみようかな、と返事があり、
今度は根掘り葉掘り集会ってどんな感じなのか聞かれました。
ツイッターも始めて情報収集をしだしたようでした。
3週間くらいまえでしょうか、
戦争をさせない1000人委員会主催の講演会に
初めてHが行った後に
「中野の言っていることがわかったよ、おれたちスイミーなんだな」
とメッセージがきました。
「同じようにおかしいと思っている普通の人がいっぱいいて、
変な話、元気が出たよ。ありがとう」

そうか、スイミーか、とこっちが妙に納得させられました。
実はHとの高校時代にはひとつ思い出があります。

高3のある日の午後
、Hと並んで自転車で一緒に下校していたら、
数日前から近所の別の高校の不良と
いざこざを起こしていた隣のクラスのYが、
道路の先で3人くらいに待ち伏せされて
胸ぐらを掴まれているのが見えたのです。
巻き添えを食ったらたまらないと、
僕は当然逃げるものと思いハンドルを切りました。
なのに驚いたことにHはそのまま
ノコノコとまっすぐ漕いでいってしまったのです。
HはYと中学が一緒だったので僕よりは親しかったけれど、
友だちというほどの関係でもないのに。
僕は逃げた脇道をしばらく行くと
自転車に乗った警官に遭遇したので、
ケンカ、ケンカと連れていきました。
するとYが不良に小突かれている脇で、
うなだれるようにしてYの代わりに
謝っているだけのHがいました。
加勢するようなタイプではないから
何で逃げないのかと思ったら、
不良たちにろくに相手もされず、
叱られた子どものように芸もなく
Hはしょんぼり突っ立っていたのです。
警官を見ると不良たちはチリヂリに退散していきました。

今でもあのときの昔話になるとHは
「中野が逃げるとは思わなかったよなー」と笑いながら恨み節、
僕は「バカ、関係ないのに一緒に捕まってどうすんだよ」
と言い返します。
だけど心の中ではいくら僕のほうが敏くても、
人間としてHには一生敵わないと感じています。
そんなHがスイミーになって、昨日の夜も今朝も、
そして月曜の仕事の後も電車に乗って
はるばる隣の県から官邸前抗議にきているというのです。
シャイだし攻撃的なことは好きじゃないので、
たぶんプラカードを手に小さい声でシュプレヒコールを
口ごもって立っているだけなのだろうと思います。
気恥ずかしいからか、待ち合わせようとも言ってきません。
無名で愚直なHたちスイミーのつくる大きな魚は、
容易には蹴散らかされないと思います。
いくら国家権力が暴走しようとまた集まり大きな魚の形をつくるでしょう。
月曜にはまた僕もスイミーの仲間入りをしにいきます。
長い戦いになります。

以上引用終わり。

微力だが無力ではない。
権力がどうやろうがだまらないからね。
damare.jpg

nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康