So-net無料ブログ作成
検索選択

2015-09-30 戦前国家の再来? [雑感]

発言もデモも禁止する「盗聴自由法案」
utamaru.jpg 桂歌丸が、
政治家からプレッシャーをかけられたことを
『あのニュースで得する人損する人』
(日本テレビ系/9日放送)にて明かした。
歌丸が、飛行機に乗った時のことだ。
『笑点』(日本テレビ)では、
政治家を風刺することがある。
たとえば、「説得力のないセリフは?」
というお題に対し[政治家の
“日本を変えてみせる”」など、
政治ネタの大喜利を挙げたら
枚挙にいとまがない。
そんな『笑点』に対して
苦々しく思っていた政治家がいたようだ。
ある時、飛行機から降りる時に
歌丸を見つけた政治家が、
「あまり政治家の悪口を言うなよ」
とプレッシャーをかけたという。

だが、歌丸は屈しなかった。
得意のとんちをきかし
「悪口言われるような政治家になるな」
と言い返したのだ。
これには、政治家もぐうの音も出ず、
飛行機から去ったようだ。
このエピソードを
『笑点』で暴露することなく、
このタイミングで披露するあたりにも、
歌丸の老獪さが感じられる。

随分前の記事でどこのニュゥスソォスだったか。
以上引用です。
もともと落語は弱い庶民が
強いものを笑い飛ばすところにその存在意義がある。
それも分からないのか、この政治家は。


盗聴自由法案がなぜ発言の自由を封じるのかって?
だって、
なにしゃべってるのか筒抜けなんですよ。
私みたいな自由人や、
それを公にしてはばからない人間はともかくも、
親しい人には明かすだろうかもしれないけれど
内心の自由は他人に侵されるべきではないはず。
当然そういう圧力は歌丸師匠にかけられた圧力を
さらに強めることになるでしょ。
司法取引でスパイの合法化もあり。
壁に耳ありの戦前の時代の到来は絶対あってはならない。
しかしこのごろの安倍政権、
戦争法成立の後
「一億総活躍」やら
「生んで国家に貢献」やら
戦前をほうふつとさせるじゃありませんか。

戦争法の成立でほっとして
本音がぽろぽろこぼれている。




続きを読む


nice!(15)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2015-09-29 頼もしい若者その2、高校生アイネさん [雑感]

昨日の続きのような記事ですが
戦争法案反対運動のおさらい
しています。

渋谷での高校生デモで
T-ns SOWLに参加した高校生あいねさんの
スピーチ書き起こし。
聞けば聞くほど
やっぱり頼もしい。



高校2年のあいねです。
ここにいる人はなんでデモをしているか
すごく不思議だと思うし、
こうした活動って親からの影響なの?
と思うかもしれない。
けれど、私の親はすっごい普通の
サラリーマンです。
じゃあ、なぜ私がここにいるかというと、
まず小学校4年生の頃にイラク戦争の存在、
そしてPKOとして
日本が関わっていた事を知りました。
東日本大震災に小学6年生の頃にあい、
原発事故を通して、
もしかしたら日本って何が正しくて、
何が間違っているか無関心でいたら
気づかないのかなと思いました。
中学生の頃、戦争という言葉が
遠い国の存在に感じ、
平和ボケをした国民の一人だった私に
衝撃を与えた、特定秘密保護法や
集団的自衛権。
そして、歴史にするには早すぎる過去を、
日本人はすぐに忘れ、
歴史のように終わったことのようにしまう。
そんな少しずつの小さな違和感の積み重ねが
、わたしに無関心でいたら日本って
もしかしたらやばいんじゃないか、
と思わせてくれました。
私の将来の夢は戦争で困っている子どもや、
女の人たちを助ける事です。
これは小学校や中学校で、
第二次戦争大戦や中東での紛争を知り、
この夢を叶えて、
現地で困ってる人達を助けたいと思いました。
だから日本が戦争の加害者になるなんて絶対に嫌です。

安倍総理は第二次世界大戦は侵略戦争だ、
間違った戦争だと絶対に認めません。
けど、わたしはいいきれます。
あの戦争は絶対に間違った戦争です。
二度と繰り返しては行けない歴史です。
去年マレーシアに行った時、
戦争慰霊碑を訪れました。
そこで日本人が犯した罪を
被害者の現地の人から直接お話を聞きました。
すごい胸が苦しかった、
日本の事が大好きだから、
日本人ってこんな事したんだって、
すごい胸が苦しくなりました。
だから私は、
70年も経ってる罪だけど償ない続け、
罪から逃げようとする政権を
わたしたちは許してはいけないと思います。
そして、平和の為に武力を持とう、
攻撃される前に攻撃を。
そんな戦前と疑う様な発言をする
政府のいうことを許してはいけません。
私達は戦争の善悪さえ判断できない人に、
私達の未来を預けて本当に良いんでしょうか?
アメリカと肩を比べたい、
もっと仲良くなりたい、
そんな小学生みたいな欲望のために、
私達若者はなぜ血を流さなければ
いけないのでしょうか。
高校生という名前が、
自分の思いを社会に伝える一つの壁でした。
わたしは政治の事を考えるのに、
年齢なんて関係ないと思います。
選挙権が無いから政治の事を
考えちゃ駄目なんて、
いつ誰が決めたんですか??
もう政治がタブーなんて言葉、
私達の時代で終わりにしませんか??
そんなものが存在したため、
安倍総理みたいな独裁者が
生まれたんじゃないんでしょうか?
18歳選挙権、この言葉が形だけで
終わりそうで、すごく怖いです。
私は、この言葉が未来の子供達に
希望を与える存在になって欲しい。
私達が大人になっても戦後何十年という
言葉があり続けるための、
必要な存在で合って欲しい。
高校生が選挙に行っても、
何も変わらないと思ってる安倍総理に
私はいいたい。
あなたを政権の座から引きずり落とす存在に、
18歳選挙権はかならずなります。
高校生だって、思考し行動を続けます。
学校の勉強や部活で忙しいし、
本当は友達と遊びたい。
デモなんてやらないで、
私だって原宿に行ってショッピングしたい。
けど、そんな当たり前の生活を
守り続けるために、
今声をあげなければいけないんです!
一緒に民意をここで示しましょう!

2015年8月2日 私は戦争法案に反対します!

続きを読む


nice!(16)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2015-09-28 戦争法反対運動の中で声を上げた若者たち。ホナミさん、頼もしい、 [雑感]

ホナミさんという10代の女性がいます。
戦争法案の論争が熱を帯びてきたとき、
磯崎氏とツイッタでバトルを演じて
論破した人です。
彼女のような人がこの戦争法案反対の運動の中で
たくさん現れたという気が、私はしています。
自分なりにちゃんと判断でき、
自分の言葉で語ることができるようになった
国民の象徴のようです。

18歳選挙権は、若者の投票行動が
果たして政権の思惑通り
「わかんない」から棄権しておこうとか、
いままでどおりでいいんじゃない?
という風に動くかどうか。
この動画を見ると、
若者頼もしいぞと、改めて感じる。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/250175

続きを読む


nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

国民連合政府の提案・やったね [雑感]

今守られているあなたの自由が制限される。
海外では戦争しないと決めていた9条が
戦争法に合わせて削られる。
生活扶助は国民の自己責任。
国会は退けられ時の政権の権限が幅を利かせる。
などなど
参議院選挙で自公が勝てば
自民党の改憲案が現実になってくる。


戦争法を発動させない闘いと、
軸を一つにしたアベ政権倒す闘い。

国会の外で声を上げてきた多くの市民の願いは
野党はまとまれ!

戦争する国にしない、
平和憲法を国に守らせる
立憲主義を取り戻す、
市民の声が国会を動かす
民主主義を発展させる
そんな日本の新しい国民運動が
今始まろうとしている。


共産党が大義に立って
政党だけで作るのではない
団体も個人も力を合わせて
国民連合政府をの提案を聞いて

「これまでの国民の運動が政治を動かした、
やったね」と思わずわたしは手を打った。
これから反撃が始まる。倍返しだニャ。
nyanhaxtu.jpg

続きを読む


nice!(24)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2015-09-24 やつらを通すな。 戦車は動けない。 [雑感]

1972年の相模原での
「戦車輸送阻止100日闘争」を題材にした

♪戦車は動けない♪

米軍の相模原補給廠から
ベトナム戦争へ送るM48戦車を出港させないと
日本が戦争に加担しない意思を表した歌。
戦車は動けない

【作詞】門倉 訣
【作曲】青山義久

1.戦車は動けない
  このまちの橋をわたって
  銃口をベトナムに
  子どもらをねらいうつ
   戦争は通さない
   戦車は動けない

2.戦車は動けない
  このまちの夜をゆさぶり
  血のにおいをキャタピラに
  ベトナムをねらいうつ
   戦争は通さない
   戦車は動けない

3.戦車は動けない
  この国の若者たちは
  恋人をひきさいて
  平和をねらいうつ
   戦争は通さない
   戦車は動けない
    戦争は通さない
    戦車は動けない

tenanmonXS.gif

まだ2?才の私も出かけた。
全港湾の組合旗を持ったおじさんの
顔中を口にして白い歯で笑っている日焼けた顔が
フラッシュをたいた写真に残っている。

あの行動で戦車が止まった。
道路交通法を無視して橋を渡ろうという米軍戦車。
道交法違反で通れなかったのかもしれないが、
そこをしか通れない状態にしたのは確かだろうと
想像している。


今回ももし、
戦争法の施行前に戦争法廃止の政権ができていないようであれば、
この歌をもう一度歌うことになるかもしれない。
できればその前に止めたい。
nice!(24)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康