So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-06-30 東京都議選 マイノリティからの視点も必要  [雑感]

あと二日になった東京都議選
LGBT政策について
ハフィントンポスト記事引用

http://www.huffingtonpost.jp/soushi-matsuoka/lgbt_tokyo_b_17331002.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

松岡宗嗣
オープンリーゲイの大学生、MEIJI ALLY WEEK代表


【東京都議選】LGBTの政策について各党にアンケートをとって比べてみた

東京都議会議員選挙。豊洲移転や東京オリンピック・パラリンピック、子育て支援などが争点として注目されています。

東京に住むゲイの一人として、「LGBTに関しては、各党どのように考えているのだろうか」と気になったので、主要な政党、会派にアンケートを送ってみました。

アンケートで聞いた質問は以下の4つ

問1 LGBTに関する課題全般を人権課題として捉え、性的指向及び性自認に関する差別を禁止する条例を検討していますか?

問2 東京都として、教育現場などで性的指向及び性自認に関する啓発を行うべきだと考えていますか?

問3 渋谷区や世田谷区では同性パートナーシップ制度がつくられ、他の自治体にも広がりを見せています。同様の制度について東京都でも導入を検討しますか? 

問4 同性カップルが里親として子育てをすることについて、どうお考えですか?
結果は表のとおり
2017-06-29-lgbt.jpg

しかし
まとめ:啓発は進めるが、制度にするかどうかが分岐点


基本的に差別や偏見をなくすために啓発が必要だ、という考えをほとんどの政党が持っているという点に、社会の変化を感じました
やはり、枠組みとして差別を禁止したり「LGBTも市民の一人として捉えている」ということを示す制度を整え、その上で啓発を行っていくという「両輪」で回す必要があると思います。

どんな問題でも、周りに意識があるかないかによって、当事者が生きやすい場所になるか、生きづらい場所のままなのか、そこに濃淡がでてしまうというのは望ましくありません。だからこそ、広く枠組みを設定することで、最終的にフラットな社会へと整っていく。
ここに、政治の果たす役割が大きく現れるのではないでしょうか。
国際人権NGOのアムネスティインターナショナルも、「立候補者への人権意識アンケート」を行っていて、LGBTに関する質問がいくつか入っています

以上引用終わり

マイノリティの人たちの感覚は結構鋭い。
中途半端なパフォマンス的政策は
豊洲に限らず都民の実際の暮らしに役に立たない

今日のゴマ
3回目の部屋から抜け出し
ごまそと.jpg
小雨の降る空見あげて
ごまそと2gomasoto.jpg
いきつもとりつ
ごまそと3.jpg
帰ってきたら爆睡
ゴマ外⑤19437591_1223759634400157_1008207595037419529_n.jpgゴマ外⑥.jpg
nice!(15)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 15

コメント 3

コメントの受付は締め切りました
majyo

野党四党は同じようなアンケート結果ですね。
私も同じように生きづらい社会を無くすために啓発は必要だと考えています。
by majyo (2017-07-01 15:02) 

gonntan

差別する側は気づかないことって、たくさんあるんでしょうね。イジメもそうだし、「強くなければならない」ことが強制され褒めそやされる社会は生きにくいかもしれません。
by gonntan (2017-07-02 14:02) 

さきしなのてるりん

majyo さん
野党四党は同じような結果。なので製作を一致させればいいなと思います。

gonntan さん
強くなければならない」ことが強制され褒めそやされる社会は戦前がそうじゃないかと

by さきしなのてるりん (2017-07-05 20:32) 

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: