So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-02-27 漆塗りの 器を 眺めて 途方に暮れる [池田の畑]

3月4日 ひな祭り 準備 のために 実家の茶の間の に来ています。
昔ながらの お膳を 出そうと 思ってきたのですが
組み合わせが さっぱり わかりません。
黒塗りの 漆の器を見ながら 途方に暮れています。
KIMG0123~2.JPG
KIMG0122~2.JPG
明治35年にあつらえられたもの。
器を包んであったのはこうぞ紙。警察、役場壱圓と書いてありました。
売り掛け帳をばらしたものでしょうか。

さらにうつくしい 漆の おひつ.
漆の しゃもじ ため息が出てきます。
KIMG0113~2.JPG
nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 18

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
空の下

いいですねえ。朱塗りって色褪せないものなんですね。
子供の頃に家族旅行で泊まった宿で「箱膳」で食した記憶が・・。物珍しかったのでしょうね、とてもよく憶えています。
by 空の下 (2017-02-28 00:12) 

momotaro

うわぁ、高級品がまたたくさん揃ってますねぇ
さすが実家の茶の間だ!
by momotaro (2017-02-28 00:42) 

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: