So-net無料ブログ作成
検索選択

うつけんさんの思いを実らせるためこれからも一肌脱いでほしい [雑感]

東京都知事選挙が14日告示される。
それをまえに野党4党が統一して
鳥越俊太郎氏を推すことになった

今回3度目の挑戦となる
宇都宮健二氏はすでに立候補を表明している。
マスコミは参院選を隅に追いやって
都知事選の候補者を追いかけていた。
見た目には
日替わり立候補者メニュゥのようだった。
自民党に近い長島氏の名前が挙がった時は
まさかこの人、、、と唖然としたが
市民の声は彼を断念させた。

石田氏、古賀氏
野党側はそれぞれのひとが精いっぱい
誠意を尽くしているように見えた。。
石田氏は
参院選の中での表明で
都知事選ではなく今大事なのは参院選と言って
有権者の関心を参院選に向けさせた。
最終的にはお騒がせしましたと立候補撤回。
TV出演で理不尽な扱いを受けているようだが
これまでの彼を見る限り決していい加減な気持ちで
立候補表明したわけではないと私は思う。
古賀氏は
宇都宮氏と話し合いをもちたいとする
誠実な姿勢を見せる一方
最終的には鳥越氏支援に回った。
実際は先に古賀氏が鳥越氏に声をかけたが
いったん断られ、それではと名乗りを上げたら
鳥越氏が立候補の意思を表明したため
喜んで降りたということらしい。

参院選挙中、野党はそちらに手を取られて
知事選は後回しになっていた。
ぎりぎりになってのうつけんさんに
取り下げ協力の要請。

私はうつけんさんがこれまで
支援者たちと一緒になり
ずっと都政を傍聴、監視し続け、
きめ細かな研究を重ねて
政策を練り上げてきたと聴いている
それまでうつけんさんを
一所懸命応援してきた支援者としても
4党で支援を決めたのでという
それだけではとりさげなど受け入れられない。
政策が受け入れられるのであれば
立候補とりさげの可否を検討したい
という宇都宮氏の主張は当然だ。

今回、前回と違うのは
宇都宮氏と鳥越氏とはなしあいができたこと。
宇都宮氏と基本的な政策の一致が多いこと。
野党が統一して推すという候補者であること。
鳥越氏が自らもその立場を鮮明にして
安倍政権倒す運動を市民とともに進めてきたこと。

うつけんさんが
決して自分の名誉だとか
私利私欲で都知事になろうとしているのではないことは
支援者が一番よく知っている。
そうであればなお
なぜ宇都宮を推してくれないのかという憤りをこらえて
今回民進党が自民党との相乗りを断ち切って
野党統一に踏み出したことを評価し、
民進党の一部の我儘を聞いてやってほしい。

鳥越さんなら
決してうつけんさんの思いを踏みにじることはしない。
政策をできる限りすり合わせることになるだろう。
走り続けていたうつけんさんのほうが当然
周りの景色を知り尽くしている。
鳥越さんの影になるのは
うつけんさんの評価ををいっそう高めることはあっても
決して貶めることにはならない。
うつけんさんの思いを実らせる
政策を実現させることが目標であれば
鳥越さんに発言できる一番強い位置に
うつけんさんはいるはずだ。
ここは野党統一に一肌脱いでほしい。


と実は13日に書いてあったのだがUPしてなかった。

結果、うつけんさんは
「これまでの活動に一定の敬意を表してもらった」
と言って立候補を取り下げ
鳥越さんに政策の実現を託した。

うつけんさんを統一候補にできなかったことは
ほんとに残念でならない。
しかし国政とも大きくかかわる東京の知事を
何としても市民野党の共同で手にしたい。
勝つ候補だからではない。
最大公約数の人たちが賛同して
前回の細川氏とは違い
うつけんさんとは2回話し合いもなされ
不十分な面はあったかもしれないし
うつけんさんには苦渋の決断だったと思うけれど
統一候補になって私は本当によかったと思っている。

うつけんさんは今回の野党共闘の立役者になった。
この後も鳥越さんに一番近くで
物申していってほしい。
そこでは4野党に遠慮することはない、
都民のためにと思うのであれば提言し、実行を迫る
それができる人だと思う。長くツレの話をしてこなかった。
選挙中、いろいろ葛藤があったが、、

お風呂には週1回は入れるようになり、
(正常な入り方ではないが)
食事と排便も時々崩れる時もあるが
基本的に順調だ。

しかし、
あれほど興味を持ち
若かったころを除いて欠かしたことのなかった
選挙投票に今回行かれなかった。
棄権するの?と聞くと
こくんとうなづく。
何とか不在者投票をと投票日まで
3度はたらきかけたが
着替えして帽子をかぶって
鏡を見て。。。

じゃぁ車まわすよ
というと
「行かない」と言って動かなくなった。

そうかと思えば食事ごの
食器運びをいわれなくてもするようになり、
例えば洗濯用の水が出たままになっているのを止めたり
気を回すことも時々だができるようになった。

しかし、相変わらずちょっと涼しくなった朝は
寒いと言って厚い毛布を出し、
食事になかなか来ないときは
胸が苦しいとか気持ちが悪いとか
ウツ特有の不安を口にする。
omoinya.jpg
(うわおもっ)

ここで
優しくしてあげられれば満点の妻なのだが
気持ちの問題なので私にはどうにもならない
どうすりゃいいのと
ワンパタァンな症状の訴えにいらだってしまう。
そのあと
優しくないな、
ダメだね。どうして優しくできないんだろ。
我儘に育ってきたからだね。

とつれにいってるわたし。

結局
そのあといろいろ軌道修正して気遣うと
落ち着いてきて
「だいぶ楽になった」というようになる。

最初から優しくすればいいのに
それができないことがほとんど。
随分傷つけていると胸が痛むのに。


先日娘が
中旬開店する予定のお店に使うための
業務用のオォブンをとりに来た。

パン屋をやろうとツレが買った物で
もう10年近く使われていない。
つれは
使えるかや?
と気にしていた、
そして娘とパァトナァがやってくると
パンの本があるから持って行けとか
包丁の本があるからどうだとか
結構はっきり声をかける。

その夜案の定疲れて
ねむれないようだったし
朝起きると食が今一つ進まなかった。
それでも私だけが話しするのと違って
娘に話しかけるツレを見て
うきうきした私。

私に話しかけるときは
「おかぁさん」
というだけで
そのあとの言葉が続かない。
私が代わりに
「寒いの?おなか気持ち悪いの?胸が痛むの?
どこか痛いの?汗かいて気持ち悪いの?
何か心配なことあるの?」
ありったけこれまでツレがいった言葉を並べている。

その気分転換に
選挙ポスタァの取り外しに出かけ
選挙の協力の御礼を言って歩いている。










nice!(15)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 15

コメント 7

コメントの受付は締め切りました
ゆうけんしゃ拝

●鳥越俊太郎氏の都知事選立候補記者会見より。

鳥越俊太郎「東京都の出生率は若干高い。それでも1.4」
→実際は東京の出生率は1.17で、全国で最低。会見中に事務員が大慌てで訂正。
https://youtu.be/4r6RsK1D3Xc?t=685

https://youtu.be/4r6RsK1D3Xc?t=1629

鳥越俊太郎「ちゃんとした公約はできていません」
https://youtu.be/4r6RsK1D3Xc?t=789

鳥越俊太郎「東京オリンピックの詳細知りません」
https://youtu.be/hdwYT_FwrR0

鳥越俊太郎「韓国人学校の件は知りません」
https://youtu.be/t-GwsmMSpAA

鳥越俊太郎「実務経験がないのは大変でしょうね、ハハッ」
https://youtu.be/lvVQUAN-oTo

鳥越俊太郎「公共事業や築地移転のことについてもよくわかりません」
https://youtu.be/9Z6A6b8IqCI

鳥越俊太郎氏、会見の場でセクハラ発言。
女性記者に「そんなことは、二人になった時に聞くもんだ」
https://youtu.be/4r6RsK1D3Xc?t=3226

鳥越俊太郎「僕はこんな人間です。アホな人間です」
https://youtu.be/4r6RsK1D3Xc?t=3251

鳥越俊太郎「私は昭和15年の生まれです。終戦の時20歳でした。」
https://youtu.be/4r6RsK1D3Xc?t=908

鳥越俊太郎「東京都から反安倍を発信する」 06:15あたりから。
それは国政マターでは?
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00330271.html

真面目な話、左だの右だの保守だの革新だの言う前に、都知事候補としてこれはあまりにひどいだろ...
イメージと知名度と情緒論だけじゃん。 究極のタレント候補といか。
候補者が「公約ができてない」って、「白紙の小切手にサインしてください」と言ってるようなもんじゃん
常識的には、まじめに都政を考える人は、そんな小切手にはサインしない。

by ゆうけんしゃ拝 (2016-07-14 18:03) 

さきしなのてるりん

ゆうけんしゃさまの仰せはごもっともです。会見はしっかり見直していませんが、言えるのは彼が嘘をついていないということです。そしてうつけんさんは彼に自分の政策の実現を託したということです。政策実行に当たって実際に実務に携わるのは都の職員です。詳しいデ-タを把握していないのは素人だから仕方がないと思います。行政手腕と言いますが厚生大臣の升添氏があの体たらく。増田とかいう方、岩手県知事選挙は不戦敗。知事時代に公共事業で借金を増やした行政手腕をお持ちだそうです。誰のための政治をするかその姿勢で都政の税金の使い方が変わる。詳しい政策が出ていませんがその基本がしっかりしていれば必ず、都民の納得のいく税金の使い方をしてくれる。決して白紙委任ではないのです。私はそう思います。うつけんさんの決断を無駄にしないために、絶対に鳥越さんは勝たなければいけません。
by さきしなのてるりん (2016-07-15 10:16) 

さきしなのてるりん

京都の伝説的な知事蜷川さんは怒鳴り込んでいったやくざが帰りにはすっかりファンになって帰ったといわれています。蜷川さんは憲法を暮らしの中に生かそうと府庁に垂れ幕を下げ憲法手帳を府民に配布しました。府民自らが府政の担い手であること民主主義の担い手であることをいつも意識してほしいという願いがあったのだと思います。今回鳥越さんはこれを「納税者意識」と言いました。自分の納めた税金が自分の願うことに使われているのかという問題意識を私たちはもっと持たなければいけないと思います。
by さきしなのてるりん (2016-07-15 10:22) 

momotaro

青い字と黒い字両方よかったじ!
by momotaro (2016-07-17 07:40) 

えんや

野党の統一候補は強い、、、地を這う人々・東北が示しました。
宇都宮さんの意を鳥越さんはしっかりとくんでます、都民の真価を信じます。ガンバレ!!!です。
by えんや (2016-07-17 16:35) 

gonntan

都知事は順調にいけばオリンピックもあるし
誰がなっても大変でしょうね。
でも理想や行くべき方向性がないとトップは勤まらないでしょう。
口先だけの「丁寧な説明をする」集団の人たちと同じで無いことを
祈るばかりです。
by gonntan (2016-07-18 21:16) 

馬爺

東京都は今が一番大変なときですね。
今までの失敗を繰り返さない人を択んで欲しいですね。
by 馬爺 (2016-07-19 09:14) 

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: