So-net無料ブログ作成
検索選択

2015-10-28  大阪維新の政策実績検証  [雑感]

大阪維新の政策検証チェック

まず藤井聡氏の抗議から
大阪維新の党による藤井のTV出演の取りやめ誓願含意を含む
不当なBPO申し立てに、遺憾の意を表明します。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/category/fujii/page/3/
自分に気に入らない批判を押さえつける。
この体質は独裁につながる。
市職員の思想調査をやったことについて全く反省の気持ちがなさそうだ。
damare.jpg



【検証1】橋下・松井府政は、過激な「緊縮」路線である。
今から10年ほど前は、大阪府への政府資金は、
東京のそれの半分前後だったのですが、
橋下・松井府政下でそれが激減、
今や、3~4割程度にまで落ち込んでいます。
不況下での緊縮財政は
、ギリシャを見れば分かるように「不況」をもたらし
「税収減」を導き、「財政悪化」を導きます。

実際、大阪府の借金は、橋下・松井府政下で、急激に悪化しています。
つまり、大阪経済がダメなのは、ギリシャと同じ。
【検証2】橋下・松井府政は、大阪の景気を凋落させた。
橋下知事誕生の直前と直後の大阪府、
ならびに、京阪神を抱える京都府、
兵庫県の実質成長率を比較した所
(いずれの件もリーマンショックによって成長率そのものは鈍化しているものの)、
大阪府だけより激しく成長率が低下していることが確認できます。
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/701466929954253?pnref=story
しかも、
【検証3】橋下・松井府政(による景気低迷)で、府民所得が低下した。
景気が低迷すれば、当然、府民の「所得」は低下するはずです。
【検証4】橋下・松井府政(による景気低迷)で、財政は大幅に悪化した
前回の昨年の統一地方選の際、大阪維新の会は
、橋下氏の映像をバックで放映しながら、選挙活動の一環として
「大阪府の財政 赤字を黒字化」
とテレビCMで毎日放映していました。
明確な勘違いなのです(ここでは詳細を割愛しますが、
「臨時財政債権」を活用した操作で、大阪府の赤字が表面上隠されてきた
橋下知事就任以前の年間債務増加額は454億円でしたが、
橋下氏知事就任は一気にそれが倍以上に悪化し、
年間1072億円ずつ増加しているのです!
http://satoshi-fujii.com/150422-2/ これは、橋下府政の維新・改革によって政府支出それ自身が低下したものの、
それによって景気が縮退し、最終的に税収が低迷することとなったからです。
【検証6】橋下・松井府政は、「都市計画」を大幅に劣化させた
阪市を解体」する「都構想」を標榜してきた橋下・松井府政らでは、
大阪市を中心とした「都市計画の基盤となるマスタープラン」が
実質上放棄されることとなったのです。
「グランドデザイン大阪」なるものが2012年に策定されたのですが、
その内容は、一部の都市計画の専門家からは嘲笑の対象となる程、
不十分な代物となっています。府市統合の視点が優先され、
京阪神、近畿、西日本、といった周辺諸地域との合理的連携についての
記述は著しく不十分となっています。
マスタープランの内容との整合性が
基本的に考慮されていないという府市統合が重視されすぎ、
大阪市内の記述のみが記述されている一方、
周辺都市(堺市等)の計画がほとんど記載されておらず、
都市圏全体のマスタープランとしては本質的な問題を抱えています。
「防災・減災は選挙の票につながらないと素人政治家は判断し、
今回の大阪都構想における大阪市の区割りや大阪府との役割分担において、
防災・減災は全く考慮されていない。」
【検証7】橋下・松井府政は、「教育」を大幅に劣化させたところが、
その橋下府知事による「教育改革」が開始され始めると同時に、
小中学校の教育現場が明確に「荒れて」きてしまったことがデータより示されています。
https://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII/posts/701430413291238?pnref=story
ご覧の様に、大阪府は全都道府県中、暴力行為発生件数は
6位から1位に、不登校児童数は18位から6位になったのです。
http://www.mitsuhashitakaaki.net/category/fujii/page/3/
この点を確認すべく、大阪府の都道府県民所得を確認したところ、
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/kenmin/files/contents/main_h24.html
「一人当たり所得」の都道府県ランキングは、
就任時(平成20年度)で5位
であったのもかかわらず、最新のデータ(平成24年度)では、
最新(平成24年度) 10位にまで下落しています。
(なお、平成20→24年の一人当たり所得の全国の変化は
「-0.1%」であったところ、大阪府では、実に「-4.4%」となっていた)。



おおさか維新の会の言い分を聞いていないが
また聞きでは維新がこんなにいろいろやったという
違うデェタを示しているようだ。
そちらも見てみなくてはいけないが、

これがラストチャンスとどっかの売り出しの誘い文句言った都構想を
またぞろ持ち出しているのを見ればわかるように
もともと橋下氏の話は嘘が多いので信用ならないのだが。

nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 19

コメント 2

コメントの受付は締め切りました
畑の帽子

 難しいことはわからないですが、私が維新の党が結党されて唯一希望を持っていたのは大阪から脱原発の波が広がることでした。
あれはどこへ行っちゃったんでしょうね。
なんだか大阪維新といいますか、橋本様、松井様あたりを拝見していますと暴走中の某政府とダブりますが...。私だけでしょうか?
by 畑の帽子 (2015-10-30 11:02) 

さきしなのてるりん

いえ。間違いなくお友達です。
by さきしなのてるりん (2015-10-30 15:11) 

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: