So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

2016-08-28 相模原事件から 脳性まひの医師 熊谷晋一郎さんの訴え [障碍]

「当事者」の語りを聴くということ posted on 2016/08/27 石戸諭 BuzzFeed News Reporter, Japanから 【相模原19人刺殺】それでも、他者とつながり生きる。 脳性まひの医師 熊谷晋一郎さん(39歳) の訴えの概略を以下お読みください。 自分を語る言葉をみつけ私は 他者とつながり他者とともに生きることを選べるようになりました。 障害というのは、少数者と社会の間にあるズレのことです。 健常者にならないと死ぬか、隔離をされるという時代から、 今は 今のままでコミュニティーのなかで生きていていい、 私が私のことを決めていいんだ、私も主張していいんだ、 社会が私たちに近づけばいいんだという考え方になり、 エビデンス(根拠)に基づく医療という考え方が浸透し、 数字的な裏付けのない誤った考え方は たとえ偉い人の意見だったとしても医療の世界から淘汰された。 私の中でこの二つの価値転換が生き方を転換させた。 介助者が主導するでもなく、障害者による自己決定だけでもない。 他者とコミュニケーションをとりながら、境界線を共有していく関係。 これが求められている。 しかし障害者が生きるか、死ぬかという究極の自己決定を 介助者が奪った相模原事件。 ここで思うのは<介助者>の当事者研究から得た 大変さをわかちあい個人の問題から職場の問題と考える環境。 一方、薬物依存症患者を支援する 「ダルク女性ハウス」の上岡陽江さんから 「友達やめないでね」と電話に胸痛む。 患者の中には、妄想を口走るような仲間だっている。 逮捕された容疑者と同一視されやすい属性を持っている、 と上岡さんは思ったに違いない。 怖いから社会から排除してほしい、というのは違う。 私たちは、コミュニティーの中で生きるという選択をして、 実際に生きているのだから。 当事者研究を通じてわかってきたことは、 表面的にしか知らないことが恐怖を増幅させるということ。 「怖いから隔離」を肯定することは、 時計の針を巻き戻すということです。 コミュニティー(社会)が、 自らがクリーンであるというファンタジーを維持するために、 「多数派から外れた人はコミュニティーの外部に置きましょう」 と妄想的な『きれいな集団』を維持することを優先して コミュニティーを閉ざすという流れをもう一度繰り返すか。 それでもなお、コミュニティーを開き続けるのか つまり、いろんな人が生きることを肯定するのか。 「ダルク女性ハウス」の上岡陽江さんは 危ない人がメンバーとして加わったときこそ、 ひとりぼっちにさせないと。 人は一人一人に弱さがある、 弱さをシェアしてつながれるし、依存できるということを訴えたい。 明日自分が 集団のなかで不要だと言われるのではないかという不安は 障害者だけのものではないでしょう。 依存先が少なければ、少ないほど生きづらい。 これは多くの人がそうではないですか? 事件があってもなお、他者とつながり生きていく社会を 私は選びたいと思っています。 以上概略紹介終わり。 当事者の苦悩を改めて突き付けられました。 相模原の加害者やそれに同調する人達に この文を読んでどんな感想を持つか聞いてみたいものです。 romaneko.jpg 参考までに<インタビュー>も 自立は、依存先を増やすこと 希望は、絶望を分かち合うことhttp://www.tokyo-jinken.or.jp/jyoho/56/jyoho56_interview.htm
nice!(18)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-08-25 町なか居場所づくりチャンス到来。 [実家]

1か月に1回の定期的な配りものをもって
何軒か声をかけながら回った。
居場所づくりの予定の場所がいまだに
最終的な売買の連絡をもらえず
溜息ついているとはなしたところ
町なかですぐにでも売りたい人がいると
話しをつないでくれる人がいた。

昔の商家の作りで間口の狭い町屋仕様。
先の話はもう1年になってしまうのに
1か月1度催促するが向うからは連絡くれないままだ。
それらしい物件もないのでとにかく待つことにしていたが
この話なら悪くはない。
土蔵があるというだけでわくわくしてしまうわたしで
見に行くことにした。
しかし残念ながら土蔵は中は古くも外見物置だった。
P1020900.JPG
友人に付き合ってもらって意見を聞くと
いちもにもなく、
「こっちがいいよ。すぐ使えるし、
いかにも実家。お帰りって迎えるのにぴったり」

まだ母屋の中を見せてもらっていないが
こんな玄関。
P1020899.JPG
入り口3畳の板の間。
奥に10畳二間6畳の台所と東西に続く。
二階に八畳二間。
ただ南側が隣とぴったりくっついているため
母屋1階の日当たりは全くない。
母屋と物置の間には
生活に使う水を供給する小川が引かれている。
P1020901.JPG
なかなかいい雰囲気だ。
売買金額は同じくらいにしてくれるというので
水回りの修繕の必要も全くないため初期費用はかなり安くなる。
3年後には交流センタァ駐車場と家の裏側が隣接するので
ひとが交流する立地にもぴったり。

ということでこちらに決め、
先の物件のもち主に電話をかけると
「そうかいいいとこあっただね。そらよかったね」
という返事。
ヤッパリ愛着があって手放したくなかったのかな。

さて実家構想の賛同者集め
もう一度声かけ直さなくては。


続きを読む


nice!(14)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-08-22 ごひいきに [うたたね]

今日は宣伝。
娘が7月15日
群馬中之条の外れに
カフェ・うた種を開業しました。
自分の趣味の手づくり小物雑貨の
紹介販売も兼ねた癒しの場の提供。
布を使ったワァクショップもやりたいそうなのですが
まだそのスペェスは準備中。

来店してくれた方の写真をお借りして
様子を記録しておきたいと思います。

外観です。
娘はこれが気に入って、中之条に行った時から
ずっと借りたいとおもっていたのだそうです。
utagaikan.jpg
トイレの手洗い
utacafe4.jpgutacafe3.gif
小物の展示いろいろ
utakomono1.jpgutakomono2.jpgutakomono3.gifutakomono4.gifutakomono5.gif
メニュ―
menyu.jpgutacafe.gifutacafe2.gif

こんなものもおいてます
utacafe5.jpgutacafe6.jpg


まあ本格的な開業の7割くらい完成?のようで
布部屋準備しながらの試運転中。
どうぞごひいきに
HPは
こちら
nice!(18)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-08-21

今日はめっちゃ暑い。
畑から帰ると何時も
アツイィ!と言いながらツレに声をかける。

今日はまた一段と暑いな。

そう思いながらツレを見ると、
「暑いなぁ」と如何にも暑そうな声をだす。

ほう、めずらしく暑いのか。
しかし、畑でとれたスイカを
おいしいよと言って細かく切ってだしても
一口かじるだけで皿を戻す。
おいしいとも何とも言わない。
予想はしていてもやっぱりがっかりだな。

結局私一人で大きめのスイカの4分の1を
たべてしまった。

今スゥプを飲まない分
野菜不足になっていると思うので
スゥプを水代わりにしてホットケェキを作ってみる。
にらの緑が鮮やかで
臭いが気になって食べないかと心配したが
にんにくはだめなのにこれはなぜか大丈夫。
暫くこの手で行くことにする。



この土手にハァブを植えようと思っている。
P1020895.JPG

nice!(18)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

2016-08-19 新旧畑の様子 [学校西の畑]

本格的に作付するのは来年、という予定だが
時に葛の根をほぼ掘り起こしおえた。
こぬかをまいてもう一度草をかきとり
まだ3畝分くらい草かき終えていないが
9月の野菜作付に備えることにした。
P1020894.JPG

自家採種のダイコン2種類、にんにく、
小松菜、春菊、ほうれん草の菜っ葉類。
キャベツは種が採れなかったし
苗を植えるには水の便が悪いし
土地の状態がよくわからないので迷ってる。

ほかにハ-ブ。
町が毎年、花いっぱい運動で
1世帯1000円分の花の苗や種を買う商品券をくれる。
毎回買いそびれているが
今年ははたけの周りの土手にでも播いてみようかと思う。


来シーズン入り際まで借りている中学西の畑では
9月にはいったら玉ねぎとねぎの苗を育てる。

今そちらの畑では
里芋、サツマイモ、枝豆、小豆、ねぎが成長まっただ中。

にらは花盛り。
わさび大根(西洋わさび)はいつとるものだかさっぱりわからないが、
株の数が増えた。
おかのりはこぼれダネで新しい葉がすでに出ている。
スイカもこうせきウリももう終わるが種をとるために放ってある。
買った種を撒いたオクラが3本だけ芽を出した。
肥料不足でちんちくりんだったのだが
種とるためにちいさな木に不似合いな大きさなった実を
大きくなるままにしてある。

大玉トマトは今年作れなかったが、
貰ったトマトの中からおいしそうなのを一つとっておいて
今日種取りした。
夕顔は思いもかけないところから芽が2本出て
10個とれ、今種取り用に一つまだぶら下がっている。
ほとんどかんぴょうにしてある。おすそ分けの予定。

きびが幾本かこぼれだねで生えている。
大した量ではないがこれも取っておいて来年播く

ゴボウ、ミョウガは今のまま畑に置いておくと
工事が始まれば種取りできなくなる。
何時か種取り用に植え替えしなくてはいけない。

なんだか忙しい気分。
だけど立ち向かって闘うぞ!
tatakunyan.jpg
nice!(17)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
前の5件 | -